1970年代の「日本アニメーション」作品人気ランキングTOP31! 第1位は「未来少年コナン」【2024年最新投票結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 1975年に設立されたアニメ制作会社「日本アニメーション」の作品は、約50年が経った現在でも、再放送やインターネット配信など多様な方法で親しまれています。

 そこで、ねとらぼ調査隊では、2024年1月7日から1月14日にかけて、「『日本アニメーション』で好きな1970年代の作品はどれ?」というテーマでアンケートを実施していました。

 今回の投票では、合計で937票が集まりました。投票していただきありがとうございます。数ある1970年代の作品のなかで、一体どれが人気を集めたのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2024年1月5日 ~ 1月14日
有効回答数 937票
質問1970年代の「日本アニメーション」作品で好きなのは?
advertisement

1970年代の「日本アニメーション」作品人気ランキング

出典:Amazon.co.jp
advertisement

第2位:ペリーヌ物語

出典:Amazon.co.jp
ペリーヌ物語 ファミリーセレクションDVDボックス"

ペリーヌ物語 ファミリーセレクションDVDボックス

鶴ひろみ
12,320円(04/14 14:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は「ペリーヌ物語」でした。1978年に全53話放送されたアニメ作品。エクトール・アンリ・マロの小説『家なき娘』を原作とする、世界名作劇場シリーズのひとつです。若い女の子ペリーヌが家族を失いながらも、強い意志と優しさを持って困難に立ち向かい、自分の居場所を見つけていく過程を描いています。

advertisement

第1位:未来少年コナン

出典:Amazon.co.jp
未来少年コナン Blu-rayボックス"

未来少年コナン Blu-rayボックス

小原乃梨子, 信沢三恵子, 青木和代
16,735円(04/14 14:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「未来少年コナン」でした。1978年に全26話放送されたアニメ作品です。最終戦争によってほとんどの陸地が海に沈んだ世界を舞台に、主人公の少年コナンがさまざまな冒険に挑んでいく物語。アレグザンダー・ケイの小説『残された人びと(The Incredible Tide)』が原作で、宮崎駿さんが演出を務めました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング