【40代が選ぶ】「好きな袋麺ブランド」ランキングTOP11! 1位は「サッポロ一番」【3月5日は安藤百福の日】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」や、世界初のカップめん「カップヌードル」を発明したことから、「インスタントラーメンの父」と呼ばれる「安藤百福」さん。そんな安藤さんは1910年の3月5日に誕生し、日清食品ホールディングスはこの日を「安藤百福の日」として制定しました。

 今回は「安藤百福の日」を記念して、「【40代が選ぶ】『好きな袋麺ブランド』ランキング」を紹介します。

 このランキングは、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の40代の男女を対象に実施した「好きな袋麺ブランド」について調査したものです。

 「袋麺」は気軽においしく食べられることで、幅広い世代から愛されています。果たして、40代の人から支持されているのはどの袋麺のブランドだったのでしょうか。早速ランキングを見てみましょう。

advertisement

【40代が選ぶ】「好きな袋麺ブランド」ランキングTOP11

出典:Amazon.co.jp
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫 あ 76-1)"

転んでもただでは起きるな! – 定本・安藤百福 (中公文庫 あ 76-1)

安藤百福発明記念館
649円(06/24 13:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:チキンラーメン

画像:Amazon.co.jp
日清食品 チキンラーメン 5食パック (85g×5P)×6個"

日清食品 チキンラーメン 5食パック (85g×5P)×6個

3,150円(06/24 10:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は「チキンラーメン」でした。チキンラーメンは日清食品が展開する袋麺のブランド。日清食品創業者の安藤百福によって開発され、1958年に発売されました。チキンラーメンは他の袋麺と異なり、別添えのスープなどがありません。これは、麺自体につけられた味がお湯に溶けてスープの役割を果たすためで、圧倒的に簡単な作り方が大きな特徴といえそうです。

 2003年の改良時には、麺の中央部に「たまごポケット」と称するくぼみがつきました。これによって卵をのせやすくなり、以降現在に至るまでチキンラーメンの定番スタイルとして定着しています。

advertisement

第1位:サッポロ一番

画像:Amazon.co.jp
サッポロ一番 みそラーメン 100g×10食"

サッポロ一番 みそラーメン 100g×10食

1,032円(06/24 13:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「サッポロ一番」でした。サッポロ一番は、サンヨー食品が展開する袋麺のブランド。1966年に「サッポロ一番 しょうゆ味」の販売を開始し、その後「みそラーメン」「塩らーめん」と現在でも愛されるラインアップを順次発売してきました。シンプルな味ながら、スープの味や全体とのなじみに配慮して、それぞれめんの太さやカタチを変えるなどおいしさにこだわっています。

 また、サッポロ一番を料理に使ったアレンジレシピも、多くの人に愛されています。サンヨー食品が運営する「サッポロ一番700レシピ」では、使いたい食材を選べばアレンジレシピを教えてくれるので調理に重宝しそうです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ラーメン」のアクセスランキング