「特に強いと思う『2000年以前』の日本のボクシング男子世界王者」ランキングTOP28! 第1位は「具志堅用高」【2023年最新投票結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 日本ボクシング界は長い歴史の中で、世界にその名を轟かせた偉大な王者たちを多数輩出してきました。その中には、2000年以前に活躍した男子世界王者も少なくありません。

 そこで、ねとらぼ調査隊では、2023年10月12日から10月19日にかけて「特に強いと思う2000年以前の日本のボクシング男子世界王者は?」というアンケートを実施しました。

 アンケートでは、計322票の投票をいただきました。投票いただいたみなさん、ご協力ありがとうございました! それでは結果を見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年10月12日~10月19日
有効回答数 322票
質問特に強いと思う2000年以前の日本のボクシング男子世界王者は?
advertisement

第2位:渡辺二郎

 第2位は「渡辺二郎」さんでした。左ストレート、右フックを得意とするサウスポー。学生時代に日本拳法で才能を発揮し、1978年にプロボクサーとしてデビューしました。1979年に全日本フライ級新人王を獲得したのち、1981年にはWBA世界スーパーフライ級の王座を獲得。28戦26勝2敗、18KOという成績を残しています。

advertisement

第1位:具志堅用高

人間の記録 186"

人間の記録 186

具志堅 用高
1,980円(06/18 17:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「具志堅用高」さんでした。「カンムリ鷲」と称されたサウスポーのボクサー。1974年にプロデビューしたのち、1976年にWBA世界ライト・フライ級のタイトルを獲得しました。王座は1980年まで13度にわたって防衛し、日本ボクシング界において類を見ない快挙を達成。1981年の引退まで、24戦23勝1敗、15KOという成績を残しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング