「沖縄のうまいお土産」8選! 「ジーマーミ豆腐」「油味噌」「うちなーかちゅー湯」など、編集部員が本当におすすめしたい逸品を紹介!【2024年4月】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 日本全国、その土地それぞれに「うまいお土産」がたくさんありますよね。旅行や出張などで訪れた際、「何を買って帰ろうかな」とワクワクしたり、家族や友人から「これを買ってきて」と頼まれたりすることもあるでしょう。

 本記事では、沖縄県出身のねとらぼ調査隊編集部員が「ぜひ食べてほしい!」と思う「沖縄のうまいお土産」8選を紹介します。オンラインで購入できるものも多いので、ぜひ参考にしてみてください。

advertisement

「沖縄のうまいお土産」8選!

画像はイメージです(画像:PIXTA)
advertisement

ジーマーミ豆腐 琉の月

ジーマーミ豆腐 琉の月 70g×6カップ"

ジーマーミ豆腐 琉の月 70g×6カップ

1,296円(07/17 19:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 ジーマーミとは沖縄の方言で「ピーナッツ」のこと。「ジーマーミ豆腐」は、ピーナッツのしぼり汁を固めて作ったもので、沖縄のみならず全国的に広く知られています。「ジーマーミ豆腐 琉の月」は、濃厚な味わいとなめらかな舌ざわりが特徴のぜいたくな一品です。

編集者コメント

 ピーナッツを使った沖縄のローカル豆腐。クリーミーでまろやかな独特の味わいがあり、はまる人にはとことんはまります。豆腐とはいいつつも常温で持ち運べる商品もあるのでお土産にピッタリ。

advertisement

油味噌(あんだんすー)

 「油味噌(あんだんすー)」 は、豚肉と味噌を炒めた「食べる味噌」で、沖縄では広く親しまれています。卵と一緒にご飯にのせて、おにぎりの具として、野菜スティックに、そのままおつまみとしてなど、楽しみ方はさまざま。ついご飯が進んでしまいそうですね。

編集部コメント

 豚肉とお味噌を甘辛く炒めた調味料で、沖縄県民なら100%どこかで食べたことがある定番のごはんのお供です。のせて食べてもよし、おにぎりの具にしてもよし、混ぜ込んで軽く焼いて焼きおにぎりにしても良しです。

advertisement

うちなーかちゅー湯

画像:島食品

 沖縄のソウルフード「かちゅー湯」が、お湯を注ぐだけで簡単に楽しめる「うちなーかちゅー湯」。「かちゅー」は沖縄の方言で、「かつお」という意味なのだそう。沖縄の家庭では昔から飲まれているお味噌汁で、風邪や二日酔いのときにも良さそうですね。

編集部コメント

 お湯を用意するだけで、沖縄の味噌汁「かちゅー湯」を楽しめる一品。かつおだしの風味がやさしく、お茶漬けやふりかけとして食べてもおすすめです。おいしい食生活を過ごすためにも、忙しい朝を乗り切るためにも常備しておきたいですね。

 ほかにも、編集部員がおすすめしたい宮城のお土産がまだまだあります! 次のページからご覧ください。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「グルメ」のアクセスランキング