【2024年4月版】「たき火台」おすすめ人気ランキングTOP10! 1位はColeman(コールマン)の「ファイアーディスクソロ」

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 キャンプなどで活躍する「たき火台」。キャンプ場の地面を守り、安全にたき火ができるため、キャンプの必需品といえます。バーベキューや調理ができるたき火台などさまざまな種類があるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 本記事では「たき火台」のおすすめ人気ランキングを紹介していきます。それではさっそく上位の結果を見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

※掲載商品はAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキングやSNSの口コミをもとにして編集部独自にランキング化しています(2024/4/12更新)

advertisement

3位:CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) カマド スマートグリル B6型 UG-43

出典:Amazon.co.jp

 第3位の「CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) カマド スマートグリル B6型 UG-43」は、ソロキャンプにぴったりなコンパクトサイズのたき火台。ゴトクと網がセットになっていて、煮炊きや焼き物など、さまざまな調理が可能です。また、別売りのカマドダイやマルチパネルを組み合わせることでさらに便利に使えます。

advertisement

2位:BUNDOK(バンドック) たき火スタンド ハンディ BD-480

出典:Amazon.co.jp

 第2位の「BUNDOK(バンドック) たき火スタンド ハンディ BD-480」は、火が落ちにくいメッシュ網仕様のたき火台。網は巻いてたたむことが可能で、非常にコンパクトになるため、ツーリングキャンプなどでの携行に便利です。

advertisement

1位:Coleman(コールマン) ファイアーディスクソロ ‎2000037404

出典:Amazon.co.jp

 第1位の「Coleman(コールマン) ファイアーディスクソロ ‎2000037404」は、ソロキャンパー向けのコンパクト設計のたき火台です。直径約30センチメートルの円盤形となっており、大きめの薪(まき)もそのまま載せられるのが魅力。重量は付属の焼き網を含めて約900グラムで、持ち運び用の収納ケースでコンパクトに持ち運びもできます。本体はさびにくいステンレス製。重心が低めに設計されているため安定感があるのもうれしいポイントです。

advertisement

ショッピングサイトで販売中の「たき火台」をチェック

advertisement

人気記事をチェック!

 全順位は、次のページからご覧ください!

※ECサイト上の商品価格は、販売元の変更などによって変動することがあります。予めご了承ください。
※当記事では、Amazon.co.jpの検索結果に基づいたデータを使用しています。順位や価格は記事制作時のものであり、変更されている場合があります。また、サイズやカラーにより価格が異なる場合があります。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング