【40~50代が選ぶ】日本一だと思う「男性ロックギタリスト」ランキングTOP11! 第1位は「布袋寅泰」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の40~50代の男女を対象に「日本一だと思う男性ロックギタリストは?」というテーマでアンケートを実施しました。

 40~50代から「日本一」と支持された男性ロックギタリストは、誰だったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年8月17日
調査対象全国の40~50代男女
有効回答数204票
advertisement

【40~50代が選ぶ】日本一だと思う「男性ロックギタリスト」ランキング

出典:Amazon.co.jp
advertisement

第2位:松本孝弘

出典:Amazon.co.jp

 第2位には、得票率17.2%で「松本孝弘」さんが選ばれました。1988年にロックバンド・B’zとしてデビュー。「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」「LOVE PHANTOM」「裸足の女神」などのヒット曲をリリースしてきました。

 ソロ活動も精力的に行い、2010年にはラリー・カールトンとの共作アルバム「TAKE YOUR PICK」で、第53回グラミー賞の「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞。2024年には、2004年に結成した「TMG」(TAK MATSUMOTO GROUP)を20年ぶりにオリジナルメンバーで再始動させることを発表しています。

advertisement

第1位:布袋寅泰

出典:Amazon.co.jp
GUITARHYTHM Ⅶ (初回限定盤)(Blu-Ray付)"

GUITARHYTHM Ⅶ (初回限定盤)(Blu-Ray付)

布袋寅泰
5,151円(05/18 13:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位には、得票率51.5%で「布袋寅泰」さんが輝きました。ロックバンド・BOØWYのギタリストとして活躍し、1988年にソロデビュー。「Poison」「スリル」「サレンダー」「バンビーナ」などのヒット曲をリリースしてきました。

 プロデューサーや作詞・作曲家としても評価が高く、大ヒットした映画「キル・ビル」ではテーマ曲を担当。また、2023年には「GUITARHYTHM(ギタリズム)」シリーズの7作目のアルバムをリリースし、全国ツアーも成功させました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング