【関東の女性が選ぶ】買ってきてほしい「富山銘菓」ランキングTOP22! 第1位は「三角どらやき」「しろえび紀行」【2024年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、関東地方在住の女性を対象に「買ってきてほしい富山銘菓」というテーマでアンケート調査を実施しました。

 関東の女性から「買ってきてほしい」と支持を集めたのは、どの富山銘菓だったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2024年3月14日
調査対象関東地方在住の女性
有効回答数114票
advertisement

【関東の女性が選ぶ】買ってきてほしい「富山銘菓」ランキング!

画像:写真AC
advertisement

第1位:しろえび紀行(日の出屋製菓産業)

出典:Amazon.co.jp
日の出屋製菓 しろえび紀行 2枚×16袋"

日の出屋製菓 しろえび紀行 2枚×16袋

1,603円(05/25 19:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は得票率10.5%で2つの銘菓が並びました。まずは「しろえび紀行(日の出屋製菓産業)」です。

 富山湾の深海に生息するシロエビは、水晶のように透き通った美しい姿をしていることから「富山湾の宝石」と呼ばれています。「しろえび紀行」は国産のうるち米とシロエビをぜいたくに用い、香ばしく焼き上げた逸品。シロエビの風味と上品な甘みが引き立つあっさりした塩味で、おやつにはもちろん、お酒のおつまみにもピッタリな味わいだと評判です。商品は2枚入りの個包装になっていて、11袋・16袋・18袋・36袋・54袋とセットの数量も豊富にあるため、お土産に購入しやすいところもうれしいですね。

advertisement

第1位:三角どらやき(大塚屋)

画像:とやま観光ナビ

 同率で「三角どらやき(大塚屋)」も第1位にランクイン。

 1933年創業の老舗「大塚屋」が創業当時から作り続けている三角形のどら焼き。もっちりとした薄めの皮で北海道産小豆の粒あんをぜいたくに包んだ逸品で、上品な甘さはお茶請けにぴったりだと評判です。どら焼きといえば丸い形が定番のため、三角形のこちらはお土産としてのインパクトも抜群ではないでしょうか。街歩きの途中で買い求める人も多いという人気商品です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「北陸地方」のアクセスランキング