【男性に聞いた】90年代を代表すると思う「女性ソロアーティスト」ランキングTOP29! 第1位は「宇多田ヒカル」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼでは、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の男性を対象に「90年代を代表すると思う女性ソロアーティストは?」というテーマでアンケート調査を実施しました。

 ミリオンヒットを記録するヒット曲が多数生まれた1990年代。全国の男性から「90年代を代表する女性ソロアーティスト」と支持を集めたのは誰なのでしょうか。それでは、ランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年11月30日
調査対象全国の男性
有効回答数1077票
advertisement

【男性に聞いた】90年代を代表すると思う「女性ソロアーティスト」ランキング

出典:Amazon.co.jp
ULTRA BLUE"

ULTRA BLUE

宇多田ヒカル, Yamada Masashi
1,880円(06/26 05:55時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:松任谷由実

出典:Amazon.co.jp

 第2位は「松任谷由実」さんでした。1972年にシングル「返事はいらない」でデビュー(当時は「荒井由実」)。1976年に結婚を機に、現在の名前で活動するようになり、「ユーミン」の愛称で多くの人に親しまれています。

 1990年代には、「真夏の夜の夢」や「春よ、来い」「Hello, my friend」などがテレビドラマの主題歌として起用され、ミリオンセラーを連発。2022年には、シンガーソングライターとして初めて文化功労者に選ばれました。

advertisement

第1位:宇多田ヒカル

出典:Amazon.co.jp
BADモード (通常盤)"

BADモード (通常盤)

宇多田ヒカル
2,834円(06/25 18:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位に輝いたのは「宇多田ヒカル」さんでした。1998年12月にシングル「Automatic/time will tell」でデビューした宇多田ヒカルさんは、当時15歳でありながらダブルミリオンセールスを記録し、新世代の歌姫として注目を集めました。翌年の1999年3月に発売されたファーストアルバム「First Love」は、当時の日本のCDセールス記録を更新する大ヒットを記録し、現在もこの記録は破られていません。

 2024年4月には自身初のベストアルバム「SCIENCE FICTION」をリリースし、現在も精力的に活動を続けています。衝撃的なデビューを果たし、多くの記録を打ち立てた宇多田ヒカルさんに、支持が集まりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング