メディア

「2021年夏アニメ」期待度ランキングTOP20! 1位は「転スラ」【Filmarks調べ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 国内最大級の映画・ドラマ・アニメのレビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2021年 夏アニメ 期待度ランキング」を発表しました。

 7月になり、もうずぐ夏アニメの放送が始まっていきますが、その中でも期待度が高い作品はどれなのでしょうか? それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:うらみちお兄さん

 第3位は「うらみちお兄さん」でした。子ども向け番組「ママンとトゥギャザー」に出演する体操のお兄さんこと、表田裏道と、その番組制作に関わる人たちを描いたコメディ作品。原作は同名の漫画作品です。

画像は「うらみちお兄さん」公式サイトより引用
advertisement

第2位:バイオハザード: インフィニット ダークネス

 第2位は「バイオハザード: インフィニット ダークネス」でした。こちらは2021年7月8日からNetflixで全世界独身配信される予定のフル3DCGのオリジナルアニメで、原作は1996年に第1作が発売されたカプコンのゲームシリーズ「バイオハザード」です。

画像は「Netflix」より引用
advertisement

第1位:転生したらスライムだった件 第2期 第2部

 そして第1位は「転生したらスライムだった件 第2期 第2部」でした。こちらは人気ライトノベルが原作となっており、2018年にテレビアニメ第1期が放送され、2021年1月からはテレビアニメ第2期の第1部が放送されました。その続編が1クール置いて7月6日より順次放送予定とあって、期待度も高くなっているようです。

画像は「転生したらスライムだった件」公式サイトより引用

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.