メディア

『頭文字D』で最速だと思う走り屋は誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1995年~2013年に週刊ヤングマガジンで連載していた『頭文字D(イニシャル・ディー)』。高速で自動車を運転することに魅了された若者たちの姿が描かれた青年漫画です。公道でレースを繰り広げる様子は、レーシングドライバーにも人気で、自動車を題材にした漫画といえば、『頭文字D』を思い浮かべる人が多いと思います。現在は『頭文字D』の近未来を描いた『MFゴースト』も連載されています。

 そこで今回、「『頭文字D』最強の走り屋を決めよう」というアンケートを実施します。あなたが思う、最速で駆け抜ける走り屋を教えてください。では、主要なキャラ3人を紹介します。

advertisement

藤原拓海

 藤原拓海は、作品の主人公、一見ごく普通の青年です。愛車はハチロク。中学生の頃から家業である藤原とうふ店の配送を手伝い、自動車を運転していました。豆腐を崩さないことを意識しつつ、険しい峠道を走行することによって、卓越した運転技術を習得しています。そのレベルは、プロのレーシングドライバーに劣っていません。必殺技は、異常な速さでカーブを曲がる「溝落とし」です。

advertisement

秋山渉

 秋山渉は、特定のチームに所属していない孤高の走り屋です。型式の古いカローラレビンを愛車とし、わずかな資金と自身の運転技術でレースを勝ち抜いています。地元の埼玉県秩父地方では負け知らず、無双の状態です。ちなみに、レース時は攻撃的な人物ですが、ふだんは明るく優しいお兄ちゃんで、いつも妹の身を案じています。

advertisement

高橋涼介

 高橋涼介は、医学の道を志し、優秀な成績をおさめているエリートです。学業のかたわら、さまざまなモータースポーツのレースに参戦。本気を出さずとも勝利し、群馬県一帯で名前をとどろかせています。優秀なドライバーであると同時に、高いカリスマ性を持つリーダーで、彼自身だけでなく、彼が創設したチーム・赤城レッドサンズのメンバーもプロのレーシングドライバーから一目置かれています。

advertisement

『頭文字D』で最速だと思う走り屋は誰?

 ということで、主要なキャラの中から3人を紹介してきました。『頭文字D』の連載が始まった1990年代、スポーツカーが大流行し、作品の世界観に憧れる若者が続出しました。2013年に完結したものの、キャラの活躍は愛好家の間で語り継がれています。下のアンケート欄からあなたが好きなキャラクターに投票してください。投票したいキャラの名前が選択肢にないときは、「その他」に投票してコメント欄にキャラ名を記入してください。

出典:Amazon.co.jp
頭文字D(48) (ヤングマガジンコミックス)"

頭文字D(48) (ヤングマガジンコミックス)

しげの秀一
759円(07/01 21:07時点)
発売日: 2013/11/06
Amazonの情報を掲載しています

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング