メディア

【NHK】「東京アナウンス室所属のNHK男性アナウンサー」で報道向きだと思うのは誰?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 全国に張り巡らされた取材網で、質の高いニュースを放送しているNHKの報道番組。担当をしているアナウンサーには、どんな事態が起きても冷静に対処し、聞き取りやすくわかりやすいアナウンス技術が求められます。

 そこで今回は、2021年7月19日時点で「東京アナウンス室」に所属しているNHKの男性アナウンサーの中から、最も報道に向いていると思うのは誰? というアンケートを実施します。数多く在籍しているアナウンサーのなかで、一番報道番組に向いていると思う人を教えてください! それでは、4人の男性アナウンサーをご紹介します。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

高瀬耕造

 朝の報道番組「NHK NEWS おはよう日本」の平日メインキャスターを担当し、NHKの朝の顔として人気が高いのが高瀬耕造さんです。アナウンス技術が高いのはもちろんのこと、穏やかな笑顔や時おり見せるお茶目な一面などが、視聴者のハートをがっちり掴んでいます。番組のエンディングで、続けて放送される朝ドラ(連続テレビ小説)の内容に触れる「朝ドラ送り」でもおなじみですよね。

 以前ねとらぼ調査隊で行った「『東京アナウンス室所属のNHK男性アナウンサー』人気ランキング」では1位に輝いており、その人気の高さがうかがえます。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

新井秀和

 「ダーウィンが来た!」のナレーションや「NHK NEWS おはよう日本」の土日祝日のメインキャスターなど、多くの番組に出演しているのが新井秀和さんです。Eテレで放送中の「先人たちの底力 知恵泉」では4代目の店主役を務めており、店に訪れるゲストたちと毎週軽快なトークを繰り広げています。

 歌謡曲を歌ったり聞いたりすることが趣味だそうで、もしアナウンサーになっていなかったら歌手になりたかった、と公式プロフィールのQ&Aでは語っていました。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

瀧川剛史

 瀧川剛史さんは、夜の報道番組「NHKニュース7」の平日メインキャスターを担当中。これまでに「NHKスペシャル」など数々の番組でナレーションを担当するなど、アナウンス技術に定評があります。

 瀧川さんは中学生の頃に阪神・淡路大震災の報道を見たときからアナウンサーの仕事にあこがれており、大学生の頃はアナウンス研究会で研鑚を積んできた経歴の持ち主。就活の際は記者になろうか迷いましたが、「NHKのアナウンサーは相当取材もしている」という話をきっかけに、NHKに入局したそうです。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

青井実

 現在は「NHKニュース7」の土日祝日メインキャスターのほか、BSプレミアムで放送中の科学ドキュメンタリー番組「ダークサイドミステリー」で司会を担当している青井実さん。2021年から放送中の「歴史探偵」では不定期で探偵役を務めるなど、バラエティ色の強い番組でも評判を呼んでいます。

 「『東京アナウンス室所属のNHK男性アナウンサー』人気ランキング」では第3位となっており、その爽やかで落ち着いた声が人気の秘訣となっているようです。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

「東京アナウンス室所属のNHK男性アナウンサー」で報道向きだと思うのは誰?

 以上、「東京アナウンス室所属のNHKアナウンサー」から4人を紹介しました。今回のアンケート対象となるのは、2021年7月19日時点でNHKの東京アナウンス室に所属している106人の男性アナウンサーです。あなたが報道番組に向いていると思うアナウンサーに、投票よろしくお願いいたします! また、「声が好き」「安心感がある」など、投票した理由もコメント欄にぜひお寄せください。

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング