メディア

【東京五輪】印象に残ったスケートボード「男子ストリート」決勝選手ランキングTOP8! 最も印象に残ったのは日本の堀米雄斗選手に!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

第5位:ジャガー・イートン

 エクストリームスポーツの祭典「X Games(エックスゲームズ)」に、当時の史上最年少記録11歳で出場した経験のあるプロスケーターです。2014年の「Tampa AM」では最年少13歳でストリート部門を制覇。東京五輪では銅メダルを獲得しました。

advertisement

第4位:ケウビン・ホフラー

 8歳からスケートボードをはじめ、2011年にプロスケーターとなったホフラー選手。「X Games」や「World Skate World Championships」といった数多くのイベントにおいて、ストリート部門のメダルを獲得しています。東京五輪では銀メダルを獲得しました。

advertisement

第3位:アンヘロ・カロ ナルバエス

 ラテンアメリカのシーンで最もエキサイティングなスケーターともいえる、アンヘロ・カロ選手。2015年にポルトガルで開催された「Red Bull SKATE ARCADE」では2位を獲得し、2019年には「Mystic sk8 Cup」「NASS Festival」で1位を獲得。東京五輪では第5位となりました。

advertisement

第2位:ナイジャ・ヒューストン

 世界ランキング1位のプロスケーターで、「Street League Skateboarding(SLS)」では4回優勝、「X Games」では12回優勝した経験を持っています。東京五輪では第7位に終わりましたが、スケートボード界のタイガー・ウッズとも評される一流トップスターに、多くのファンが注目しました。

advertisement

第1位:堀米雄斗

 オリンピックの新競技となるスケートボード男子ストリート部門で、初代王者となった堀米選手。2018年の「SLS」では日本人初となる優勝を飾り、世界を代表するトップスケーターとして、またたく間に注目を集めました。6月に開催された世界選手権においても、世界ランキング1位のナイジャ・ヒューストン選手を抑えて、初優勝を果たしています。

 自身のスケートスタイルを「とりあえず、楽しんでいます」と表現する堀米選手は、難しいトリックを冷静にメイクする姿が印象的。世界ランキング2位となる堀米選手の今後の活躍にも期待が高まります。

advertisement

投票結果(グラフ)

advertisement

投票結果(票数)

順位項目名票数
1堀米雄斗90
2ナイジャ・ヒューストン17
3アンヘロ・カロ ナルバエス13
4ケウビン・ホフラー11
5ジャガー・イートン9
6バンサン・ミル7
7グスタボ・リベイロ5
8オーレリアン・ジロー4
advertisement

調査概要

調査期間2021年7月26日 ~ 8月1日
有効回答数156票
質問【東京五輪】スケートボード「男子ストリート」の決勝に残った選手で印象的だったのは?

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.