メディア

【シンエイ動画のアニメ】一番好きな作品は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 シンエイ動画は、日本の歴史に残る数々の名作を手がけるアニメ制作会社です。前身となるAプロダクションの設立は1965年。新体制を機に東京都・田無に移転した1976年には、“新しいAプロダクション”という意味を込めて「シンエイ」と名付けられた経緯を持ちます。

 今回は、そんな誰もが一度は目にしたことのあるアニメ作品を生み出してきたシンエイ動画作品の人気投票を行います。伝統のロングヒット作から最新人気作まで、あなたの大好きな作品に投票をお願いします。まずは、投票対象の中から4作品をピックアップして紹介します。

画像は「シンエイ動画」公式Twitterより
advertisement

ドラえもん

 藤子・F・不二雄さん原作のアニメ「ドラえもん」は、国内のみならず海外でも大人気の日本を代表するアニメです。テレビシリーズに加え、映画館で毎年公開される劇場版シリーズを楽しみにしているという方もいるのではないでしょうか。

 1979年にシンエイ動画による制作が開始され、今日でも放送が続く長寿番組となりました。テレビ・映画シリーズが25周年を迎えた2005年には、キャストやキャラクターデザインなどが大幅にリニューアル。時代に合わせて細かい設定が変わりつつも、現在に至るまで不動の人気を誇っています。

advertisement

クレヨンしんちゃん

 臼井儀人さんによる同名の漫画が原作となった「クレヨンしんちゃん」は、1992年にアニメが放送開始。主人公・しんのすけの個性的な声やセリフを真似する子どもが続出し、当初は社会現象になりました。

 テレビ放送されるアニメは、日常のシーンが多くギャグがメインの作品ですが、劇場版になると一変! 「モーレツ!オトナ帝国の逆襲」や「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」など、大人も涙する感動的なストーリーが描かれています。そのため、ギャグと感動が入り乱れた、上質なアニメとして評価されることも多いシリーズとなっています。

画像は「テレ朝動画」より
advertisement

となりの関くん

 森繁拓真さんによる同名の原作コミックは、2020年に累計発行部数が350万部を突破した人気作。ヒロインである横井さんのとなりの席に座っている“関くん”が、授業中に奇想天外な一人遊びを楽しんでいる様子が描かれていく、斬新なストーリーです。

 アニメでは、劇場版「クレヨンしんちゃん」の脚本などを務める、ムトウユージさんが監督を務めており、10分枠のショートアニメとして放送されました。1話完結タイプでありながら、濃厚で丁寧に作り込まれているのが特徴で、オープニングやエンディングは何度でも観たい仕上がりです。ちなみに本作で、初めてシンエイ動画は深夜枠でアニメを放送しました。

画像は「dアニメストア」より
advertisement

からかい上手の高木さん

 『ゲッサン』で連載されているシリーズ累計900万部の発行部数を超える、山本崇一朗さん原作の「からかい上手の高木さん」。クラスメイトの高木さんに、何かとからかわれて翻弄される主人公・西片の日常を描いたラブコメ作品です。

 また、アニメで描き込まれている背景は、原作者・山本さんの故郷である香川県小豆島土庄町。ご当地のアンテナショップでは、地元の名産とアニメがコラボした、オリーブオイルや手延べそうめん、ごま油などが売られています。エンディングは高木さんが懐かしいJ-POP楽曲の数々をカバーしています。

画像は「からかい上手の高木さん」公式Twitterより
advertisement

その他

 紹介した作品以外にも、子供のころに誰もが観ていた名作や、大ヒットコミックをアニメ化した作品なども手がけているシンエイ動画。歴史がある会社だからこそ、名作揃いですよね!

 ぜひ、みなさんの好きな作品への思いや懐かしいエピソードなどありましたら、コメントへお寄せください。みなさんからの投票をお待ちしています!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング