メディア

食器用中性洗剤は素手で使わない! 手荒れを防ぐ正しい使い方

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 食器用の中性洗剤であれば、手肌への負担も少ないと思っている人もいるかもしれません。ですが、使い方を間違うと、肌に負担をかけてしまうので注意が必要です。

 今回は、食器用中性洗剤の正しい使い方を紹介します。

ハウスクリーニングやエアコンクリーニング、家事代行、不用品回収まで、暮らしにまつわる様々な「こまった」をくらしのマーケットマガジンがひとつひとつ丁寧に解決します。

advertisement

界面活性剤が手荒れの原因となる

 食器用中性洗剤には界面活性剤が含まれています。この界面活性剤にはタンパク質を変容させる性質があり、この働きが手肌のうるおいを守っている皮脂を攻撃して、手荒れが起こる原因となってしまいます。

 ちなみに食器用中性洗剤で食器汚れがきれいに落ちるのは、界面活性剤が持つ「親油性」と「親水性」の2つの作用によります。

  • 親油性: 油汚れになじんでくっつく性質。このおかげで、食器についた油汚れが落ちます。
  • 親水性: 水になじんでくっつく性質。このおかげで、親油性でくっついた油汚れが食器から強引に引きはがされるように、水と一緒に流れ落ちます。
advertisement

食器用中性洗剤のNGな使い方

 食器用中性洗剤は、素手で使わないようにしましょう。手肌に洗剤成分が直接触れないよう、ゴム手袋などをしてから使用してください。

 実際、洗剤の容器の注意書きにも「炊事用手袋を使用してください」といった一文が書かれています。

 手荒れがひどくなると、手湿疹につながる恐れもあるので、普段から気をつけておきましょう。

advertisement

食器用中性洗剤の正しい使い方

 繰り返しになりますが、まずゴム手袋(炊事用手袋)を着用してから使いましょう。界面活性剤によるダメージを防いでくれます。なお、すでに手荒れがひどく、ゴム手袋をしても痛む場合は、ゴム手袋の下に市販の綿100%の手袋をすると、作業が楽になります。

 もし素手で洗った場合は、すぐにハンドクリームで保湿してください。

 手荒れをひどくする一因は、ダメージを受けた手肌をそのまま放置してしまうことです。そのため素手で洗い物をした後は、すぐにハンドクリームを塗りましょう。失われた手肌のバリア機能が戻り、手荒れの進行を防いでくれます。

 ハンドクリームを塗るのが面倒という人には、ハンドミルクがおすすめです。濡れた手にそのまま塗るだけで、手荒れを防げる新しいタイプのクリームで、台所や洗面所に1つ置いておけば、家族みんなで気軽に手荒れケアができます。

advertisement

食器用中性洗剤を使ってはいけない箇所

 食器用中性洗剤は水で薄めれば、洗面所やベランダの掃除など、ちょっとした掃除用の洗剤としても活躍してくれます。ただし、水を弾かない壁紙や無塗装の家具には使わないようにしてください。シミになってしまう恐れがあります。

 手荒れがひどくなると、痛みやかゆみがつらいだけでなく、見た目で悩むことにもなりかねません。少し面倒でも、ゴム手袋やクリームによる対策を心がけましょう。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング