メディア

「子どもが楽しめる観光スポットの多い都道府県」ランキングTOP10! 1位は「千葉県」【2021年調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルートが、全国1万5719人の宿泊旅行者を対象に行った「じゃらん宿泊旅行調査2021」の結果を公表しています。今回はその中の「テーマ別 都道府県魅力度ランキング」から、旅行者が「子供が楽しめるスポットや施設・体験が多かった」都道府県ランキングを紹介します。

(出典:リクルート「じゃらん宿泊旅行調査 2021」

画像は「写真AC」より
advertisement

第3位:和歌山県

 第3位は和歌山県でした。和歌山県のレジャースポットとしては、動物園、水族館、遊園地が一度に楽しめる「アドベンチャーワールド」が人気を集めています。アトラクションを楽しんだり、動物と触れ合ったり、何度足を運んでも楽しめるのが魅力。また、真っ白な砂浜が広がる「白良浜海水浴場」なども人気のスポットです。

advertisement

第2位:沖縄県

 第2位は沖縄県でした。世界最大級の水槽を持つ「沖縄美ら海水族館」や沖縄本来の自然を体験できる「ビオスの丘」、アイスバー作り体験が楽しめる「ブルーシール アイスパーク」など、子どもでも楽しめるスポットがたくさんあります。また、3歳頃から楽しめるマリンスポーツなどのアクティビティも多く行われており、子どもと一緒に楽しめる条件がそろっています。

advertisement

第1位:千葉県

 そして第1位に輝いたのは、千葉県でした。なおTOP3は、2008年度から13年連続で同じ順位を維持し続けており、根強い人気がうかがえます。

 そんな千葉県といえば、やはり「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」の人気が絶大。両パークとも、家族連れが遊びに行く場所として長年選ばれ続けています。また、「鴨川シーワールド」や「マザー牧場」といった動物と触れ合えるスポットのほか、「ふなばしアンデルセン公園」や「清水公園」の大きなアスレチック場も人気を集めています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.