メディア

【大学研究費】「科研費の配分額が多い大学」ランキングTOP30! 1位は「東京大学」【2020年度】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

第5位:名古屋大学(80億2955万円)

画像は「名古屋大学」公式サイトより引用
advertisement

第4位:東北大学(97億4707万円)

画像は「東北大学」公式サイトより引用
advertisement

第3位:大阪大学(104億6308万円)

画像は「大阪大学」公式サイトより引用
画像は「大阪大学」公式サイトより引用

 第3位は「大阪大学」でした。科研費の総額は約104億円。内訳は直接経費が約80億円、間接経費が約24億円、採択件数は2665件です。新規応募課題は2907件で、うち採択されたのは969件、採択率は33.3%となっています。

 過去3年間の新規課題の採択累計数では「病理病態学、感染・免疫学およびその関連分野」で1位、「応用物理工学およびその関連分野」「有機化学およびその関連分野」で2位に入るなど、多くの分野でトップ10入りしました。

advertisement

第2位:京都大学(139億3190万円)

画像は「京都大学」公式サイトより引用

 第2位は「京都大学」でした。科研費の総額は約139億円。内訳は直接経費が約107億円、間接経費が約32億円、採択件数は3022件です。新規応募課題は2872件で、うち採択されたのは1083件、採択率は37.7%となっています。

 過去3年間の新規課題の採択累計数では、「代数学、幾何学およびその関連分野」「解析学、応用数学およびその関連分野」「土木工学およびその関連分野」「化学工学およびその関連分野」など、多くの分野でトップとなりました。

advertisement

第1位:東京大学(225億4953万円)

画像は「東京大学」公式サイトより引用

 第1位は「東京大学」でした。科研費の総額は約225億円。内訳は、直接経費が約173億円、間接経費が約52億円、採択件数は4202件です。新規応募課題は3864件で、うち採択されたのは1511件、採択率は39.1%となっています。

 過去3年間の新規課題の採択累計数では、「思想、芸術およびその関連分野」「文学、言語学およびその関連分野」「素粒子、原子核、宇宙物理学およびその関連分野」「電気電子工学およびその関連分野」など、文理を問わず多くの分野でトップに輝きました。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.