メディア

「幸せな人が多い東京の街」ランキングTOP23! 1位は「中央区」【2019~2021年調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

第5位:文京区

画像は「写真AC」より引用
advertisement

第4位:目黒区

画像は「写真AC」より引用
画像は「写真AC」より引用
advertisement

第3位:武蔵野市

画像は「写真AC」より引用

 第3位は「武蔵野市」でした。東京都の「街の住みここち&住みたい街ランキング2021」でも、街の住みここち(自治体)で6位、住みたい街(自治体)で2位にランクインするなど人気の街です。

 JR中央線と京王井の頭線が乗り入れる吉祥寺駅は、渋谷や新宿へのアクセスが良いのはもちろん、駅周辺には商業施設も多く利便性に優れています。一方で、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がり、井の頭恩賜公園など自然が豊かなスポットも多く、暮らしやすいエリアとして人気です。また近年は武蔵境駅で再開発が進んでおり、今後のさらなる発展が期待されています。

advertisement

第2位:港区

画像は「写真AC」より引用
画像は「写真AC」より引用

 第2位は「港区」でした。東京都の「街の住みここち&住みたい街ランキング2021」でも、住みたい街(自治体)で3年連続1位、街の住みここち(自治体)で3位と上位にランクインしています。

 大規模な商業施設やホテル、オフィスビルなどが立ち並ぶ六本木や赤坂、にぎわいの絶えないビジネス街の新橋、高級住宅街として知られる白金台など、エリアごとにさまざまな特徴があります。また芝公園や有栖川宮記念公園など公園が多く、都心の街ですが自然も豊かです。

advertisement

第1位:中央区

画像は「写真AC」より引用

 第1位は「中央区」でした。東京都の「街の住みここち&住みたい街ランキング2021」でも、街の住みここち(自治体)で1位に輝きました。

 銀座や日本橋など多くの商業施設があるエリアや、月島や人形町といった下町情緒が残るエリアがある街で、近年は東京2020オリンピックの選手村が置かれた晴海などで再開発が進み、さらなる発展を見せています。また、虎の門と晴海を結ぶバス高速輸送システム「東京BRT」が2022年度以降に本格運行を予定しており、交通利便性の向上も期待されます。

advertisement

調査概要

調査期間2021年調査:3月17日~3月20日
2020年調査:3月17日~4月3日
2019年調査:3月26日~4月8日
調査対象東京都居住の20歳以上の男女
有効回答数7万634人

(出典元:大東建託「街の幸福度 自治体ランキング<東京都版>」

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.