メディア

「泊まって良かった北海道の旅館」ランキングTOP10! 1位は「あかん鶴雅別荘 鄙の座」【2021年8月時点/じゃらん】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 気軽に旅行へ行くのも難しくなってしまった昨今。世の中が落ち着いたら、すぐにでも旅行に行きたいという人も多いでしょう。今から旅行先で訪れたいスポットや堪能したいグルメ、泊まりたい旅館を調べて、ワクワクしている人もいるのでは?

画像は「写真AC」より引用

 今回は、リクルートが運営する旅行予約サイト「じゃらんnet」の協力のもと、「泊まって良かった北海道の旅館」ランキングを紹介します。ランキングは、じゃらんnetに投稿されたクチコミの「総合」の評点をベースに作成。集計期間は2020年9月1日から2021年8月31日までの1年間で、該当するクチコミが15件以上の宿泊施設が対象です。なお同点だった場合は、クチコミ投稿数の多い施設が上位となります。

 それでは、さっそくランキングを見てみましょう!

(出典:じゃらんnet「北海道/泊まって良かった(総合)宿ランキング」

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第3位:とよとみ温泉 川島旅館

 第3位は「とよとみ温泉 川島旅館」でした。天塩郡豊富町字温泉にある旅館で、「お客様に家に帰ってきたような心地よさを感じていただけるような、アットホームな旅館」をめざしています。1926年に開湯した豊富温泉は、皮膚乾燥症、筋肉や関節の慢性的な痛み、胃腸機能の低下などに効くといわれ、エイジングケアなど美容効果も期待できるとされます。北海道のこだわり野菜などをふんだんに使った食事や、旅館オリジナルのスイーツも見逃せません。

advertisement

第2位:おたる 宏楽園

 第2位は「おたる 宏楽園」でした。小樽市新光にある旅館で、閑静な住宅街の中に立つ一軒宿です。客室は34室で、そのうち28室が露天風呂つきとなっています。自家源泉の温泉は“美肌の湯”といわれており、自然に囲われた大浴場「森の湯屋」や貸し切りでゆったりくつろげる「こかげのいで湯」など、さまざまなスタイルで楽しめます。料理は、季節の食材をぜいたくに使ったメニューとなっており、夕食では「道産牛ヒレ肉」「天ぷら盛り合わせ」「焼きタラバ蟹」などを別に追加することもできます。

advertisement

第1位:あかん鶴雅別荘 鄙の座

 第1位は「あかん鶴雅別荘 鄙の座」でした。釧路市阿寒町阿寒湖温泉にある旅館で、のどかな街並みを臨める部屋や阿寒湖に面した部屋など、5種類のスイートルームが用意されています。全室に露天風呂があり、アメニティはもちろん、ワーケーション用の備品(有料)も充実。北海道の旬の食材がたっぷり使われた料理は絶品で、一部有料メニューを除いて夕食やバーラウンジ「座・BAR」の飲み物を無料で楽しめるのもうれしいですね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング