メディア

ソロキャンプで使いたい「BUNDOKのキャンプギア」おすすめ6選&AmazonランキングTOP10!【2021年10月】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 新潟県三条市に本社を置くカワセのアウトドアブランド「BUNDOK」。リーズナブルな価格で、組み立てやすく、軽量でコンパクトな商品が揃っていることが特長で、多くのキャンパーから「コスパが高い」との評価を受けており、ソロキャンプビギナーにもおすすめのブランドです。

 ということで、本記事では「BUNDOK」のおすすめ商品を紹介していきます。

advertisement

おすすめ1:BUNDOK ソロティピー 1 TC BDK-75TC

 「BUNDOK ソロティピー 1 TC」は、フライに遮光性・難燃性・耐久性に優れたポリコットンを採用したティピー型のワンポールテント。インナーにポリエステルメッシュを採用、またベンチレーションが備えられており通気性が抜群で、フルクローズしてプライベートを確保することもできます。収納サイズは約44cm×24cm×24cmで、重量は約4.8kgとなっています。

advertisement

おすすめ2:BUNDOK 焚き火 LOTUS BD-499

 「BUNDOK 焚き火 LOTUS」は、コンパクトで軽量、組立、持ち運びが簡単なステンレス製の焚き火台。網が付属しており、網焼き、鉄板やケトル、ダッチオーブンなども置ける安定感で幅広い調理が可能です。収納サイズは約33cm×24cm×3cmで、重量が約1kgとなっています。

advertisement

おすすめ3:BUNDOK 薪キャリースタンド BD-904

 「BUNDOK 薪キャリースタンド」は、丈夫なコットン100%生地、粉体塗装を施したスチール製フレーム採用で、薪のストック、持ち運んでの移動を簡単に行うことができる薪スタンドです。収納サイズは約40cm×14cm×14cmで、重量が約1.75kgとなっています。

advertisement

おすすめ4:BUNDOK ポータブルチェア BD-112

 「BUNDOK ポータブルチェア」は、フレームを組んで生地のポケットにフレームを差し込む組み立て式のアウトドアチェアです。組み立て式なのでコンパクトで、座面のお手入れも簡単に行えます。収納サイズは約39cm×12cm×10cmで、重量が約1.9kgとなっています。

advertisement

おすすめ5:BUNDOK IRテーブル BD-164

 「BUNDOK IRテーブル」は、折りたたみ式で組み立て・収納が容易で、熱いダッヂオーブンやスキレットも置くことが可能なスチール製のアウトドアテーブルです。収納サイズは約52cm×30cm×29cmで、重量が約1.9kgとなっています。

advertisement

おすすめ6:BUNDOK マイクロファイバーシュラフ BDK-36LG

 「BUNDOK マイクロファイバーシュラフ」は、中綿に保温性の高いポリエステルのマイクロファイバーを約200g使用した封筒型シュラフです。適応温度目安は約12℃で、春夏秋の3シーズンに対応します。また、水洗いが可能です。収納サイズは約27.5cm×15.5cm×15cmで、重量が約920gとなっています。

advertisement

Amazonギフト券チャージタイプ ポイントキャンペーン

 Amazon.co.jpでは、Amazonギフト券チャージタイプを注文して、コンビニ・ATM・ネットバンキングで支払うと、Amazonポイント最大2%、プライム会員なら最大2.5%付与する「Amazonチャージ」を販売中。プライム会員ならクレジットカードでのチャージも0.5%付与の対象です。エントリーは以下から行えます。(対象期間:2017年4月25日(火)0:00からの注文~終了日未定)

 ここまで「BUNDOK」のおすすめを紹介してきました。次のページではAmazon.co.jp「BUNDOK」ランキングTOP10を掲載しています!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.