メディア

「お茶」がおいしいと思う都道府県はどこ?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本格的なものからペットボトルなどで手軽に飲めるものまで、ギフトとしても重宝されている「お茶」。お茶の産地やメーカーによって特徴が異なるのも魅力で、お茶を選ぶ際には産地にこだわる人もいるのではないでしょうか。

 そこで今回は、「お茶がおいしいと思う都道府県」というテーマで人気投票を実施します。47都道府県を投票対象に、あなたがお茶がおいしいと思う都道府県にご投票ください!

 それでは、お茶の生産量が多い3県を紹介します。

advertisement

静岡県

 静岡県は日本全体の茶畑面積の約4割を有する茶どころとして知られており、県庁に「お茶振興課」という部門があるほど、お茶に力を入れている地域です。「静岡茶」は、宇治茶・狭山茶と並ぶ日本三大銘茶で、お茶の地域ブランドとしては「本山茶」「川根茶」「掛川茶」が有名。茶葉をリキュールに漬け込んだ「宵茶」も話題となりましたね。

advertisement

鹿児島県

JAかごしま茶業 知覧茶 金印 100g"

JAかごしま茶業 知覧茶 金印 100g

914円(08/08 04:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

 2019年に茶の産出額で日本一となった鹿児島県は、静岡県に次ぐ生産量を誇る地域です。鹿児島県で生産される「鹿児島茶」は、ブランドとして「知覧茶」や「霧島茶」が有名です。県庁では「かごしまお茶マップ」を公開しており、県内の産地を紹介しています。

advertisement

三重県

京都茶農業協同組合 茶処逸撰三重県産伊勢茶 100g"

京都茶農業協同組合 茶処逸撰三重県産伊勢茶 100g

864円(08/08 04:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

 お茶の生産量で全国第3位の三重県。長い歴史を持つ三重県のお茶は「伊勢茶」と呼ばれており、葉肉が厚くコクのある味わいが特徴です。かぶせ茶の生産量は約70%の全国シェアで全国第1位、アイスクリームなどに使われる加工用原料茶も生産量全国第1位を誇ります。

advertisement

「お茶」がおいしいと思う都道府県はどこ?

 「お茶」の生産量が多い上位3県を紹介しました。お気に入りのお店や好きな飲み方など、ぜひコメント欄にお寄せください。それでは、アンケートへのご協力よろしくお願いします!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.