メディア

「中学校の教育費が少ない都道府県」ランキングTOP30! 1位は「愛知県」の90万4097円【2017年度調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 今回は、総務省統計局が刊行している「統計でみる都道府県のすがた2021」より、中学校教育費の安い都道府県ランキングを発表します。中学校教育費は、公立中学校の学校教育活動のために支出された在校生1人あたりの経費で、文部科学省の「地方教育費調査」のデータをもとにしています。なお、データは2017年度のものです。

 全国の平均額は111万7781円ということでした。では、さっそく上位の3県から見てみましょう。

(出典:総務省統計局「統計でみる都道府県のすがた2021」

advertisement

第3位:埼玉県

画像は「写真AC」より

 第3位は埼玉県です。生徒1人あたりの中学校教育費は93万4535円となっています。埼玉県は小学校教育費でも全国で最も安い72万9897円で、義務教育にかかる費用が総じて少ない県といえます。

advertisement

第2位:神奈川県

画像は「写真AC」より

 第2位は神奈川県。生徒1人あたりの中学校教育費は91万1600円です。神奈川県もまた、小学校教育費の高さで全国44位、高校教育費でも41位と教育費が安く済みやすい地域。埼玉・神奈川とも都心に近いことから、交通や教育インフラの充実度が関係しているとも考えられます。

advertisement

第1位:愛知県

画像は「写真AC」より

 そして第1位は、愛知県でした。生徒1人あたりの中学校教育費は、2位より約7500円安い90万4097円です。愛知県は、高校教育費も全国で最も少なく、小学校教育費の高さでも45位となっていて、名実ともに日本で一番教育費のかからない県といえるでしょう。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング