メディア

好きな焼肉のメニューを大調査! 焼き肉屋で最初に頼む牛肉の部位は?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 落ち込んでいるときは元気をくれる、幸せな気分のときはさらに幸せにしてくれる焼肉。元気に日常を生きる上で、心強い味方となる焼肉ですから、人によってはさまざまな面で強いこだわりが現れます。とくに焼肉屋へ足を運んだら「必ず○○から注文する!」という、最初に食べるお肉を決めている人は多いハズ。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「あなたが焼肉屋で最初に頼む牛肉の部位は?」というアンケートを実施します。お肉が焼けるジュウジュウという音、食欲をそそる少し焦げたような匂い、口の中にあふれる肉汁を思い出しながら投票してください! まずは代表的な9部位を解説付きで紹介します。

牛タン

 牛の舌のことです。仙台の名物としても知られています。たんぱく質が豊富で脂肪分が少なく、さっぱりとした塩味で食べるのが定番です。1頭の牛からとれる量は1キロほどで、中でもやわらかい舌のつけ根の部分にあたるタン元は、極上の味わい。

advertisement

カルビ

 焼き肉の定番メニュー、カルビ。韓国語で「あばら」という意味で、あばら骨周辺のお肉のことを指します。大きく分けると「肩バラ」と「トモバラ」があり、トモバラはさらに「ソトバラ」「ナカバラ」に分けられます。全体的にうま味が強く、ジューシーな味わいが特徴。

advertisement

ロース

 ロースの特徴といえば、美しい霜降り。サシの入った赤身が食欲をそそります。ロースのうち、肩ロースは名前の通り牛の肩、リブロースは肩ロースとサーロイン(腰の肉)の間の部分。リブロースは高級部位に数えられ、やわらかくうま味があります。

advertisement

ハラミ

 横隔膜の筋肉で、モツ(内蔵肉)のひとつです。脂肪分が少なくヘルシーなのが特徴。内蔵のわりにクセがなく、赤身に近い味わいが楽しめます。カロリーも低いのでダイエット中の人にもおすすめ。

advertisement

ヒレ

 サーロインの内側にある筋肉で、非常にきめ細かく、牛肉の中でも最高級部位に数えられます。1頭の牛から取れる肉のうち、ヒレはわずか2~3%。ヒレの中でも中央の部分はシャトーブリアンと呼ばれ、特に高級です。

advertisement

サーロイン

 牛の腰の部分のお肉です。あまりのおいしさに、イギリスの王様が「サー(ナイト爵)」の名前を与えたという逸話が有名。やわらかくうま味の強い高級肉の代表格で、どちらかといえば焼き肉よりも、ステーキ用の肉として広く知られています。

advertisement

牛カタバラ

 あばら骨の外側、前脚のつけ根部分の胸肉で、関東では「カタバラ」、関西では「ブリスケ」「前バラ」と呼ばれています。食感はやや硬めで、噛むほど濃厚な味が染み出るツウ好みの部位。煮込み料理にも向いています。

advertisement

レバー

 牛の肝臓で、モツ(内臓肉)の中では定番のメニューです。鉄分やビタミンAが豊富で、とにかく栄養満点。味には独特のクセがあり、好き嫌いが分かれるお肉です。

【訂正 2020年10月19日:不適切だったため、「レバ刺し」への言及を削除しました。】

advertisement

ミスジ

 肩甲骨の内側にあるカタ肉の一部で、牛1頭から1~2キロほどしか取れません。やわらかく口の中でとろけるような食感と、濃厚なうま味が特徴。見た目は木の葉のような形をしています。

advertisement

まとめ

 牛肉は、部位によってやわらかさや脂の量が異なるもの。焼き方やタレを組み合わせて、人ぞれぞれの理想の味を追求できるのが焼き肉の奥深いところです。お肉の部位は、まだまだたくさんあるため、今回紹介できなかった部位もあります。

 そこで今回は、紹介できた部位以外にも、10部位を選択肢として用意しました。選択肢以外のお肉を最初に食べるという人は、その他に投票してください! それでは下のアンケートより、投票よろしくお願いします!

アンケート

あなたが焼肉屋で「最初に頼む部位」はなに?
合計:233票
実施期間:2020/10/18〜2020/11/17
投票は締め切りました
Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.