メディア

「海外旅行解禁後に行きたい国」ランキングTOP10! 2位は「フィリピン」【2021年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 オンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ英会話」を展開するネイティブキャンプは、英語学習者599名を対象に海外旅行に関するアンケート調査を実施しました。およそ99%が「海外旅行が好き」と回答したなかで、今回は「海外旅行解禁後に行きたい国」ランキングを紹介します。

 アジア圏に位置し、日本からも比較的行きやすい「フィリピン」が第2位にランクインしました。はたしてその理由は? さっそく結果を見てみましょう。

advertisement

第3位:イギリス

画像は「写真AC」より引用

 英語圏であるものの、アメリカとは違った発音や言い回しがあるイギリスが第3位にランクイン。ヨーロッパに位置し、観光名所が多いことでも有名で、ロンドンなどの都市部はオシャレな人が多いイメージがあります。コメントでは「イギリス英語が好きだから」「観光名所が多いから」といった声がありました。

advertisement

第2位:フィリピン

画像は「写真AC」より引用

 第2位は、公用語で英語が使用されているフィリピン。日本に比べて物価が安く滞在しやすいこともあり、留学先としても人気の国です。セブ島やボラカイ島など、海が美しいリゾート地が多いことも魅力的です。オンライン英会話教室にはフィリピン人の講師が多数在籍しており、日頃のレッスンで講師と話すうちに魅力を感じ、フィリピンに旅行したいと考える方が多いことが明らかになりました。

advertisement

第1位:アメリカ

画像は「写真AC」より引用

 そして第1位は、2位の3倍近い票を獲得したアメリカという結果になりました。英語を学んでいる方にとって、英語力を試すことができるアメリカは旅行先としてうってつけであり、コメントでも「学んだ英語を生かして話してみたいから」といった声があがりました。また、日本人に大人気の観光地ハワイもアメリカであることから、「家族でハワイに行きたいから」といった声もあり、アメリカ人気を押し上げたとみられます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.