【SLAM DUNK】好きな湘北バスケ部メンバーランキングTOP6! 第1位は「三井寿」に決定!【2021年投票結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 2021年10月9日から2021年10月15日までの間、ねとらぼ調査隊では「SLAM DUNKの湘北バスケ部メンバーで一番好きなのは?」というアンケートを実施していました。

 圧倒的なオフェンス力が魅力の湘北バスケ部の中で、果たして一番人気は誰なのでしょうか。今回のアンケートでは計2122票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは投票結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:宮城リョータ

画像は「Amazon.co.jp」より引用
SLAM DUNK 新装再編版 5 (愛蔵版コミックス)"

SLAM DUNK 新装再編版 5 (愛蔵版コミックス)

井上 雄彦
660円(05/24 20:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第3位は「宮城リョータ」でした。得票数323票、得票率は全体の15.2%を集めて3位にランクイン。

 宮城リョータは2年のポイントガード。168cmというバスケでは小柄な体格ながらも、高い運動能力とスピードでそれを大きな武器にしているプレーヤーです。生意気な花道をうまく扱ったり、チームメイトが動揺している時には喝を入れたりと、チームを陰から支えています。「りょーちん! とにかくかっこいい」というコメントがありました。

advertisement

第2位:桜木花道

画像は「Amazon.co.jp」より引用
SLAM DUNK 新装再編版 9 (愛蔵版コミックス)"

SLAM DUNK 新装再編版 9 (愛蔵版コミックス)

井上 雄彦
715円(05/24 20:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は「桜木花道」でした。得票数352票、得票数は全体の16.6%を占めています。

 桜木花道は1年のパワーフォワード。野性的ともいえる身体能力を活かしたパワーやスピード、持って生まれた背の高さが持ち味のプレーヤーです。高校入学まではまったくのド素人でしたが、厳しい特訓で身につけた技術と持ち前のガッツで未熟な部分をカバーしています。

 コメント欄では「やっぱり桜木花道に入れました!!」「初心者なのに天才! と自分を上げ続けるメンタルの強さ!リバウンダーとしての才能を開花させた花道!」といった意見がありました。

advertisement

第1位:三井寿

画像は「Amazon.co.jp」より引用
SLAM DUNK 新装再編版 6 (愛蔵版コミックス)"

SLAM DUNK 新装再編版 6 (愛蔵版コミックス)

井上 雄彦
660円(05/24 20:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「三井寿」でした! 得票数932票、得票率は全体の4割超えとなる43.9%を獲得し、堂々の1位です。

 三井寿は3年のシューティングガード。ブランクの影響でスタミナに大きな不安がありますが、「まるで機械のよう」とまで称されるシュート技術は健在です。足の故障をきっかけに一時期は不良になり下がっていましたが、安西先生と再会したことでバスケへの想いが再燃し、バスケ部への復帰を果たします。「安西先生、バスケがしたいです」と、自身の想いを吐露したシーンはあまりにも有名でしょう。

 コメント欄では「ミッチーのバスケに対する愛情と姿勢は脱帽です」「ミッチーの人気ぶりに笑ってしまった!」など、三井寿推しの声が多く見られました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング