メディア

「歴代プリキュア」シリーズ人気ランキングTOP10! 2位の「HUGっと!プリキュア」を抑えた1位は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日12月15日は、アニメ「Go!プリンセスプリキュア」の登場人物、紅城トワ(あかぎ・とわ)の誕生日です。「Go!プリンセスプリキュア」は、長年続く「プリキュア」シリーズの12作目。トワは「ノーブル学園」に通う中学1年生で、「ホープキングダム」のプリンセスでもあります。希望の炎のプリンセス「キュアスカーレット」に変身し、エレガントに戦う姿が人気を集めていました。

 2004年に放送開始した「プリキュア」シリーズは、約17年続く人気アニメ。そこで今回は、「歴代プリキュア人気ランキング」(ねとらぼ調べ・回答数4358票)の結果をご紹介! 1作目の「ふたりはプリキュア」から、アンケート当時に放送中だった17作目「ヒーリングっど♥プリキュア」まで、最も人気を集めたのはどのシリーズでしょうか? なお、「Go!プリンセスプリキュア」は第6位にランクインしています。

※アンケートは2020年11月~12月に実施されたため、2021年放送開始の「トロピカル〜ジュ!プリキュア」は投票対象外となっています。

advertisement

第3位:スター☆トゥインクルプリキュア

映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて[BD特装版] [Blu-ray]"

映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて[BD特装版] [Blu-ray]

成瀬瑛美, 小原好美, 安野希世乃
6,694円(05/19 10:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第3位は、「スター☆トゥインクルプリキュア」。得票数は378票、得票率は8.7%でした。

 「宇宙」や「星座」をモチーフにした本作は、シリーズ初の宇宙人プリキュアの登場や、現役アイドルの声優抜擢などで話題になりました。また、毎度恒例の変身シーンは、プリキュアが歌いながら変身をする、PVのような演出が特徴的でした。

 地球人と宇宙人という違いを乗り越えての交流が琴線に触れた人も多かったのか、「スタートゥインクルの世界観が好き」「スタプリは子どもが初めて触れるコンテンツして最高のアニメだと思います」といったコメントをいただきました。

advertisement

第2位:HUGっと!プリキュア

画像は「Amazon.co.jp」より引用
HUGっと!プリキュア ボーカルベスト"

HUGっと!プリキュア ボーカルベスト

ヴァリアス
2,970円(05/19 10:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位にランクインしたのは、「HUGっと!プリキュア」。得票数は422票、得票率は9.7%でした。

 育児をテーマに取り上げた本作は、最終回で大人になった主人公の野乃はなが出産をして大団円を迎えたことが、今でも多くの人の印象に残っているのではないでしょうか。

 コメントでは、「変身していても、していなくても、ずっと等身大の野乃はなだったのに惚れた」「敵やサブキャラにもそれぞれのさまざまなバックグラウンドがにじみ出ていて今でもオールキャラ好きです!」と、味方だけでなく敵であるクライアス社にも魅力を感じたとの声も見られました。中には「HUGプリというシリーズに出会えて幸せです!」といった熱いコメントも。

advertisement

第1位 :ハートキャッチプリキュア!

画像は「Amazon.co.jp」より引用
映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?【通常版】 [DVD]"

映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?【通常版】 [DVD]

水樹奈々, 水沢史絵, 桑島法子, 久川綾, 川田妙子, くまいもとこ, 菊地こころ
Amazonの情報を掲載しています

 第1位に輝いたのは、「ハートキャッチプリキュア!」。得票数は474票、得票率は10.9%でした。

 「おジャ魔女どれみ」シリーズを担当したスタッフが多く関わっていたこともあり、シリーズの中でも独自色が強いとも言われる本作。キャラクターのデザインと設定に魅力を感じたという人も多かったようで、「おジャ魔女からプリキュアへ進んだ世代としては、ハートキャッチの作画は凄く嬉しかった。また、引っ込み思案で敬語の子が主人公というのは斬新で、つぼみのけなげさ頑張り加減から、応援したいという気持ちが芽生えた」とのコメントも。

 また、「つぼみが表のストーリーをけん引していたなら、ゆりさんが裏のストーリーを引っ張っていて、そのゆりさんの存在がハートキャッチプリキュアという作品に明確なコントラストを与えていたと思います」というコメントもあるように、キュアムーンライトとダークプリキュアの因縁にまつわる展開に、固唾を飲んだという人も多いでしょう。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング