メディア

【DQ・FF】「ドラゴンクエスト」vs「ファイナルファンタジー」 あなたはどっち派?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本が誇る名作ゲームシリーズといえば、「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」。どちらもナンバリングタイトルだけで10作以上あるロングヒットシリーズで、ゲームはもちろん、派生作品やメディアミックスでも多くの人を楽しませてきました。

 そこで今回は「『ドラゴンクエスト』vs『ファイナルファンタジー』、あなたはどっち派?」というテーマでアンケートを実施します。まずは両シリーズを簡単にご紹介していきます。

advertisement

ドラゴンクエスト

 第1作となる「ドラゴンクエスト」は1986年にファミリーコンピュータ用ソフトとして生まれました。翌年には前作主人公の子孫たちの物語である「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」が発売されました。その後も多数のシリーズを展開し、2017年には「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の販売がスタート。2021年5月にはシリーズ最新作「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」の制作が正式発表されており、今から発売を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

 ゲームデザインは堀井雄二さんが担当しており、シリーズを通して独自の世界観を保っています。また、3Dマップの採用、ワイヤレス通信の活用、オンライン対応、クラウドプレイの対応といった新しい技術の取り込みに積極的に取り組んできたタイトルでもあります。

advertisement

ファイナルファンタジー

 第1作目「ファイナルファンタジー」の発売は1987年。シリーズ3作目となる「ファイナルファンタジーIII」までは、いずれもファミリーコンピュータ向けソフトとして作られ、その後も各時代のハードに合わせて多数の作品が発表されてきました。2016年には現在の最新作となる「ファイナルファンタジーXV」が発売。2020年には第16作目となる「ファイナルファンタジーXVI」の制作が発表されています。

 ファイナルファンタジーの特徴は、一部を除きそれぞれが独立したストーリーを展開していること。1作目は「クリスタル」を手にした4人の戦士が世界を救うために旅する王道ファンタジーですが、1994年に発売された「ファイナルファンタジーVI」は、魔法が失われた代わりに機械が発達した世界を舞台としています。CGや映像技術への評価が高いシリーズとしても高い評価を得ています。

advertisement

まとめ

 多くの人を楽しませ続けてきた「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」。どちらも魅力的なシリーズですが、あなたが好きなシリーズはどちらでしょうか? アンケートへのご投票、お待ちしております。

advertisement

アンケート

画像は「写真AC」より引用

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.