メディア

「新幹線」の車両人気ランキングTOP23! 第1位は「500系」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1月1日から1月7日まで、ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな新幹線の車両は?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は元祖新幹線「0系」から、設備の点検・検査用の新幹線で有名な「ドクターイエロー」や「East i」として使用される各車両など23種類。好きな車両が投票項目にない場合は「その他」に投票のうえ、コメントで車両名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは、総数7112票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:E7系/W7系

 第3位は「E7系/W7系」で、得票数は511票でした。和の伝統美と最新技術の機能美を備えた新幹線として、JR西日本とJR東日本が共同開発した新幹線です。

 和の色彩や意匠を取り入れた外観と内観、上質とゆとりの空間を演出するグランクラス、全座席設置の電源コンセントなど、新しい美・機能・快適性をそなえています。

advertisement

第2位:E4系

 第2位は「E4系」で、得票数は532票でした。1997年に営業運転を開始したJR東日本の新幹線車両で、全車2階建車両なのが特徴。「Max」の愛称で親しまれていました。

 16両編成時には定員1634名となり、1本の高速列車としては世界最大の乗員数を誇っていました。設計時のデザインコンセプトは「BIG WAVE」。2021年10月1日をもって、定期運行が終了しました。

advertisement

第1位:500系

500系
画像はAmazon.co.jpより引用

 第1位は「500系」で、得票数は1710票でした。1996年にグッドデザイン商品選定、1998年には鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞するなど、流線形の未来的なデザインが高く評価された車両です。

 元々は東海道・山陽新幹線の主力として活躍していましたが、N700系の登場によりその多くが引退し、現在では8両編成の「こだま号」として山陽新幹線内を走行しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.