メディア

逃げ恥、恋つづ、わたナギ……ヒット続く「TBS火曜10時枠ドラマ」あなたが一番好きなのは?【人気投票】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 近年話題作を多く生み出している火曜午後10時枠のTBSドラマ。社会問題を盛り込んだラブコメディとして人気を博した「逃げるは恥だが役に立つ」や胸キュンドラマとして話題になった「恋はつづくよどこまでも」、今までにない不倫ドラマとして注目された「あなたのことはそれほど」など、歴代ドラマは話題になったものばかり。

 そこでねとらぼ調査隊では、「あなたの好きな火曜午後10時枠ドラマはどれ?」というアンケートを実施します。

 今回は、火曜午後10時枠に放映されたドラマで、視聴率ランキング(全話平均)上位10作品を取り上げ、あらすじを振り返っていきます。

以下、画像はTBSのサイトより

私の家政夫ナギサさん

 火曜午後10時枠第1位の視聴率を獲得したのは、「私の家政夫ナギサさん」です。記憶に新しい本作、見ていた人も多いのでは? 製薬会社の営業として働く相原メイ(多部未華子)は、仕事は優秀だが家事は大の苦手。そんなメイを心配した妹の紹介で、50歳の家政夫・ナギサさん(大森南朋)を雇うことに。

 女性から高い共感を得たのはもちろん、「おじキュン」という言葉を浸透させるなど、社会現象となりました。

advertisement

逃げるは恥だが役に立つ

 「逃げ恥」の呼び名で話題を読んだ、社会問題を織り交ぜたラブコメディ。大学院を出ながらも派遣切りに遭い職を失った森山みくり(新垣結衣)は、家事代行サービスとして津崎平匡(星野源)のもとで働くことに。みくりの提案で契約結婚することになった2人だが……。

 なかなか進展しないみくりと平匡の関係や、新垣結衣さんのいつまでも変わらないかわいさも注目されました。エンディングで流れる「恋ダンス」も当時ブームになりましたね。

advertisement

義母と娘のブルース

 綾瀬はるかさん演じるキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚、専業主婦になり奔走する本作は、義母と娘の愛と成長を長いスパンで描いた物語です。

 日常の些細な出来事を通じた人間関係を丁寧に描き、幅広い年代から支持されたホームドラマです。

advertisement

恋はつづくよどこまでも

 上白石萌音さんと佐藤健さんの共演で話題となった胸キュンドラマ。ドSの医師・天堂役を佐藤健、天堂に対して純粋かつ素直に思いを伝える新人ナースを上白石萌音が演じました。

 回を重ねるごとに上昇した視聴率も話題になり、最終回ではTwitterで「#恋つづありがとう。」がトレンド入りするなど、その人気の高さを見せつけました。

advertisement

おカネの切れ目が恋のはじまり

 火曜午後10時枠の最新ドラマがこちら。清貧女子の九鬼玲子(松岡茉優)と浪費男子である猿渡慶太(三浦春馬)という金銭感覚が正反対の2人を描いたラブコメディです。

 三浦春馬さんの遺作でもあり、当初全8話で放送予定でしたが、全4話に短縮して放送されることが決定しています。

advertisement

あなたのことはそれほど

 同名の人気漫画をドラマ化した本作。2組の夫婦を軸にして繰り広げられる恋愛模様を描き、予測不能な展開で、これまでにない不倫ドラマとして注目されました。

 透明感と中身のなさが同居する主人公・美都に波瑠さん、美都に執着する夫役に東出昌大さん、感情を表に出さない美都の不倫相手の妻に仲里依紗さんなど、出演者の演技力でも話題を呼びました。

advertisement

カンナさーん!

 世界を股に掛ける渡辺直美さんを主演に据え、夫の不倫、離婚、仕事に子育てなど、困難も笑顔で乗り切るカンナさんの奮闘を描いたハートフルエンターテインメント。

 渡辺直美さん演じるポジティブでハッピーなカンナさんから、毎回パワーをもらえると評判でした。

 

advertisement

わたし、定時で帰ります

 日本の労働環境の問題点をあらわにしながら、「働くことの意味」を見つめ直すお仕事ドラマ。タイトルの通り「定時で帰る」をモットーにしている主人公・東山結衣(吉高由里子)を中心に、職場で働く人々との人間模様を描いた本作。

 ワークライフバランスを推しているようなタイトルですが、仕事への向き合い方に正解はなく、各々が満足のいく人生であればいい、という多様な価値観が感じられるドラマです。

advertisement

ダメな私に恋してください

 勤めていた会社が倒産して無職、彼氏だと思っていた男には貢がされていただけというアラサーダメ女と、ドSな元上司が繰り広げるラブコメディ。

 主人公の柴田ミチコに深田恭子さん、ミチコの元上司で喫茶店マスターの黒沢にDEAN FUJIOKAさん、ミチコの初カレである最上大地に三浦翔平さんを起用。終了後は「ダメ恋ロス」なる言葉も生まれました。

advertisement

カルテット

 アマチュア演奏家4人を、松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんという演技派俳優が演じました。ラブストーリー、サスペンス、コメディなど、異なる要素を含み、大人向けの良質ドラマとして熱狂的ファンを獲得しました。

 質の高いドラマとして評判だったこのドラマは、コンフィデンスアワード・ドラマ賞やギャクシー賞などを受賞しています。

advertisement

その他

 以上が、火曜午後10時枠のドラマ視聴率ランキング(全話平均)上位10作品です。その他、「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」「重版出来!」「中学聖日記」「G線上のあなたと私」など、10位内には入らなかったものの、名作がたくさんあります。

 そこで、投票対象となっている10候補+その他の作品の中から、あなたが好きな火曜午後10時枠ドラマを選んで、下のアンケートよりぜひ投票してください。 選択肢にない作品に投票したい方は、「その他」を選んでコメント欄までお願いします。

アンケート

あなたの好きな火曜午後10時枠ドラマはどれ?
合計:18451票
実施期間:2020/10/04〜2020/11/04
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.