メディア

【バイク】スズキ歴代GSXシリーズで好きなモデルは?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「スズキ歴代GSXシリーズ」とは、スズキが製造・販売している、気筒当たり4バルブの4ストロークエンジンを搭載したオートバイシリーズです。最初のGSX型は、1980年に4ストロークのロードスポーツシリーズとして導入されたのが始まりで、現在もバイク好きから高い人気を誇っています。

 今回は、そんなスズキ歴代GSXシリーズで一番好きなモデルのアンケートを実施! ここではアンケートの前に、スズキ歴代GSXシリーズで特に人気の高い3つのモデルをご紹介します。なお今回の投票では人気の高いカタナシリーズやGSX-Rなどのシリーズを除いています。

advertisement

1980 GSX250E

GSX250E
©Janosjes クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示-継承 4.0 国際)

 スタイリッシュなボディフォルムがかっこいい、スポーツモデルの「1980 GSX250E」。燃焼効率を高めるために採用された「TSCCヘッド」を持つ「250cc空冷4サイクル2気筒DOHCバルブ」を、抜群の操縦安定性を追求した新設計の「セミダブルクレードルフレーム」に搭載しています。

 フロントのディスクブレーキには、GPマシンRGB500の技術を活かした穴あきディスクプレートを採用してあり、これにより軽量化や冷却効率の向上、雨天時の制動能力向上が実現されました。

 ワンクラス上の性能を叶えるクオーターマシンとして、人気の高いモデルであり、後期型には「カタナ」のサブネームが付けられています。

advertisement

2007 IMPULSE400

画像は「スズキ」公式サイトより引用

 「GSX400FSインパルス」風のカラーリングを採用した上で現代風にアレンジした、2007年登場の「2007 IMPULSE400」。

 GSX400FSインパルスは、GSX400Fをベースとし、4-1マフラーや段付きシートなどでスポーティに変身させた1982年登場のモデルで、このモデル以後も、「GSX400Xインパルス」(1986年)、水冷直列4気筒エンジンを搭載したシンプルデザインの「GSX400インパルス」(1994年)などが続きました。

 その後に登場したのが「2007 IMPULSE400」。中低速での豊かなトルクと力強い加速を実現する、水冷並列4気筒DOHC4バルブや、アルミスリップオンサイレンサーを装着した4into1マフラー、前ブレーキに高性能のイタリア・ブレンボ社製の対向4ピストンキャリパーを装備しているなど、さまざまな特長を持ったモデルとなっています。

advertisement

2001 GSX1400

画像は「スズキ」公式サイトより引用

 1985年のGSX-R750以来、スズキが独自に受け継いできた、伝統的な新設計の1401cc直列4気筒DOHC4バルブエンジン。このエンジンを搭載し、油冷式としては初となるフューエルインジェクション(電子式燃料噴射装置)をコラボレーションすることで、扱いやすい上に高性能というダブルスペックを実現させたのが「GSX1400」です。

 1400という大排気量は、ネイキッドとしては最大クラスの量のため、100馬力にもなる最高出力を発揮しています。内部に鍛造ピストンや二次バランサー、メッキシリンダーなどを組むことで放熱性や低振動性を向上させており、外部デザインには正統派のネイキッドスタイルを採用しました。

 このモデルで特に注目すべきは油冷エンジンで、空冷でも水冷でもない独自の存在感を放っています。

advertisement

あなたが一番好きなスズキ歴代GSXシリーズは?

 スズキ歴代GSXシリーズには、これらの他にもかっこいいモデルがたくさんあります。ぜひ、あなたイチオシのGSXシリーズに投票をお願いします。なお今回の投票では人気の高いカタナシリーズやGSX-Rなどのシリーズを除いています。

一番好きなスズキ歴代GSXシリーズ
合計:681票
実施期間:2022/02/25 00:00 〜 2022/03/04 00:00
投票は締め切りました

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング