【大河ドラマ】秀吉の正室「ねね役」人気女優ランキングTOP20! 1位は「佐久間良子(おんな太閤記)」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 2022年2月27日から3月5日までの間、ねとらぼ調査隊では「大河ドラマで一番好きな『ねね役』の女優は誰?」というアンケートを実施していました。

 豊臣秀吉を描いた大河ドラマは多数あります。様々な重要人物が登場する中で、秀吉の正妻「ねね」も物語に欠かせない一人です。そんな「ねね役」として最も人気を集めた女優は誰だったのでしょうか。

 今回のアンケートでは計997票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは上位の結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:酒井法子(利家とまつ ~加賀百万石物語~)

ゴールデン☆ベスト"

ゴールデン☆ベスト

酒井法子
1,690円(04/17 23:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第3位は「酒井法子(利家とまつ ~加賀百万石物語~)」でした。得票数は112票です。「利家とまつ ~加賀百万石物語~」は、2002年に放送されていた第41作。唐沢寿明さんと松嶋菜々子さんが主演を務めた戦国群像劇です。酒井法子さんは、おね(ねね)を演じました。まつ・はると親しかったのが印象的です。

advertisement

第2位:沢口靖子(秀吉)

 第2位は「沢口靖子(秀吉)」でした。得票数は256票です。「秀吉」は、1996年に放送されていた第35作。主演の竹中直人さん演じる秀吉の正室・おね(ねね)を演じました。当初は秀吉を毛嫌いしていましたが、一目惚れされ結婚に至ります。

advertisement

第1位:佐久間良子(おんな太閤記)

 第1位は「佐久間良子(おんな太閤記)」でした。得票数は311票です。1981年に放送されていた第19作。佐久間良子さんは、主演の「ねね」を務めました。秀吉ではなく、ねねの視点から描かれているドラマです。西田敏行さん演じる秀吉は、ねねを「おかか」と呼んでおり、当時の流行語となりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング