【2000年代月9ドラマ】「ヒロイン役の女優」人気ランキングTOP26! 第1位は「松嶋菜々子」と「竹内結子」!【2022年最新投票結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 2022年3月7日から3月14日まで、ねとらぼ調査隊では「2000年代月9ドラマの『ヒロインを演じた女優』で好きなのは?」というアンケートを実施しました。

 1987年から続く「月9」ことフジテレビ系の月曜夜9時の連続ドラマ枠では、2000年代も数々の名女優がヒロイン役を務めてきました。そんな2000年代月9ドラマの中で、人気を集めたヒロイン役の女優は誰だったのでしょうか?

 アンケートの対象となったのは、2000年代の月9ドラマにおいてヒロイン役を演じた女優で、主演を務めた人も含んでいます。今回のアンケートでは計685票の投票をいただきました。ご投票ありがとうございます! それでは第3位から結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:松たか子(HERO、いつもふたりで)

出典「Amazon.co.jp」

 第3位は、65票を獲得した「松たか子」さんでした。松さんがヒロイン役を務めたのは、2001年放送の「HERO」と2003年放送の「いつもふたりで」の2作品です。

 「HERO」では、木村拓哉さん演じる型破りな検察官・久利生公平に振り回される検察事務官の雨宮舞子を好演。生真面目ながらコミカルな一面もあり、だんだんと久利生に感化され、惹かれていく姿はかわいらしかったですよね。また「いつもふたりで」では、小説家を夢見て上京するもうまくいかず、幼なじみの家へ転がり込む少し強気なヒロインを演じていました。

advertisement

第1位:竹内結子(ランチの女王、プライド、不機嫌なジーン、薔薇のない花屋)

出典「Amazon.co.jp」
ランチの女王 DVD-BOX"

ランチの女王 DVD-BOX

竹内結子, 妻夫木聡, 伊東美咲, 山下智久, 山田孝之, 堤真一, 江口洋介
18,000円(05/22 15:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位には、得票数154票で2人が並びました。1人目は「竹内結子」さん。「ランチの女王(2002年)」「プライド(2004年)」「不機嫌なジーン(2005年)」「薔薇のない花屋(2008年)」と、2000年代に放送された4作品でヒロイン役を務めています。

 「ランチの女王」では、ひょんなことから「長男の婚約者」としてオムライスのおいしい洋食店・キッチンマカロニで働くことになった麦田なつみをキュートに演じた竹内さん。また「薔薇のない花屋」では、香取慎吾さん演じるシングルファーザー・汐見英治と、ある事情から盲目の女性として交流を深めることになる白戸美桜を見事に表現していました。作品の個性とともに、竹内さんの多彩な魅力を堪能することができましたよね。

advertisement

第1位:松嶋菜々子(やまとなでしこ)

出典「Amazon.co.jp」

 第1位に輝いた2人目は「松嶋菜々子」さんでした。2000年放送の「やまとなでしこ」で、ヒロイン役を演じています。

 「やまとなでしこ」は、お金持ちの素敵な王子様を探し求めている客室乗務員・神野桜子と、堤真一さん演じる魚屋を営む中原欧介が繰り広げるラブコメディー。容姿端麗な桜子ですが実は貧しい育ちだったり、ブランド物を買うためにボロボロのアパートに住んでいたりと、どこか共感してしまう人間味のある一面も。2020年には「20周年特別編」として放送が行われ、桜子を演じる松嶋さんの魅力を再確認した人も多かったのではないでしょうか。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング