メディア

【犬種】飼ってみたい「超大型犬」ランキングTOP12! 第1位は「グレート・ピレニーズ」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ペットの代表格であり、古くから愛されてきた犬。さまざまな犬種が存在し、大きさもそれぞれ異なります。「超大型犬」を飼ってみたいと思う人も多いのではないでしょうか?

 そこで、ねとらぼ調査隊では、2022年4月3日から4月9日までの間「あなたが飼ってみたい超大型犬は?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、日本犬と大型洋犬の交配種である土佐犬(土佐闘犬)を含む、主な超大型犬12種類です。飼いたいと思う大型犬が投票項目にいない場合は「その他」に投票のうえ、コメントで犬種を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは計767票の投票をいただきました。ご投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:秋田犬

画像:写真AC

 第3位は秋田犬でした。得票数は94票です。日本犬種では唯一の大型犬で、天然記念物に指定されています。飼い主に忠実で温厚な性格ですが、他の動物などに対しては攻撃的な一面があり、十分なコミュニケーションが必要となることも。クマの狩猟で活躍していたマタギ犬が祖先とされており、体力があるので長時間の散歩が求められます。

advertisement

第2位:ボルゾイ

画像:写真AC

 第2位はボルゾイでした。得票数は97票です。ロシア原産の超大型犬で、ロシア語で「俊敏」という意味を持っており、その名のとおり機敏に美しく走れます。必要とする運動量が多く、長時間のジョギングや散歩が欠かせません。上品な見た目が特徴的で、イギリスのビクトリア女王も飼っていたそうです。番犬としても活躍します。

advertisement

第1位:グレート・ピレニーズ

画像:写真AC

 第1位はグレート・ピレニーズでした。得票数は160票です。フランス原産の超大型犬で、国によってはピレニアン・マウンテン・ドッグとも呼ばれています。ピレネー山脈では牧羊犬として活躍し、羊飼いをサポートしながらクマやオオカミから羊を守っていました。白く大きな犬種ですが、性格は穏やか。成長するにつれ、運動したがらなくなるようです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.