メディア

「地方交付税」が多い都市ランキングTOP20! 1位は「新潟市」!【人口当たり・2019年度】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 地方公共団体間における収入格差を調整する目的で交付される「地方交付税」。交付された地方公共団体はそのお金を使って行政サービスを充実させることができます。

 そんな地方交付税はどの地域で多く、逆にどの地域で少ないのでしょうか? 今回は総務省の「令和元年度地方財政統計年報」をもとに「人口当たりの地方交付税が多い政令指定都市ランキング」上位の結果を見てみましょう。

※地方交付税は2019年度、人口は2020年の調査を使用しているため、ランキングはあくまで参考値となります。

(出典:総務省「令和元年度地方財政統計年報」「令和2年国勢調査」

advertisement

第2位:北九州市(6万9946円)

 第2位は北九州市(福岡県)でした。市民1人あたりの地方交付税額は6万9946円です。

 北九州市の地方交付税総額は656億8091万円で、全都市で3番目に高い金額となっています。また、北九州市は対歳入に占める市税の割合が28.3%(平成29年度)で、これは政令指定都市の中では2番目に低い数値。市税は個人の給料にかかる市民税や法人市民税などが含まれる税金です。

advertisement

第1位:新潟市(7万2510円)

 第1位は新潟市でした。市民1人あたりの地方交付税額は7万2510円です。

 新潟市の地方交付税総額は572億3001万円で、全都市で5番目に高い金額となっています。なお今回のランキングにおける最下位は川崎市の928円(市民1人あたり)で、新潟市の7万2510円と比べると、およそ78分の1です。また金額ベースでは札幌市が最も多く1108億6895万円となっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.