メディア

ダムカードが多い都道府県ランキング! 1位は北海道【2022年データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ダムカードはダムの写真や情報が掲載されたカードで、独立行政法人水資源機構および国土交通省が管理するダムを訪れることで入手できます。収集する楽しさがあり、ダム好きのコレクターにはたまらない配布物と言えるでしょう。

 本記事では国土交通省のデータを基に、ダムカードが多い都道府県ランキングを紹介します。

(出典元:ダムカード – 国土交通省水管理・国土保全局

advertisement

第2位:長崎県(37枚)

 第2位は長崎県でした。ダムカードの枚数は37枚です。

 長崎県では、神浦ダム・福江ダム・猫山ダム・つづらダムなどのダムカードを配布しています。長崎市にある神浦ダムは684万立方メートルの貯水容量を誇っており、長崎県では最大の容量です。

advertisement

第1位:北海道(43枚)

 第1位は北海道でした。ダムカードの枚数は43枚です。

 北海道では、大雪ダム・金山ダム・滝里ダム・十勝ダム・佐幌ダムなどのダムカードが配布されています。夕張市にある夕張シューパロダムは、貯水量4億3300万立方メートルで全国4位を誇るダムです。周辺では景色を楽しみながらサイクリングしたり、秋にはきれいな紅葉と夕張岳を楽しむことができます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.