メディア
画像:写真AC

【そば】朝メニューが一番おいしいと思う「そばチェーン」はどこ?【人気投票実施中】

画像:写真AC
ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 長い歴史を持ち、うどんとともに日本の麺類の代表的存在として多くの人に愛されている「そば」。江戸時代には屋台の定番でもあり、近代以降は駅構内にある立ち食いそば屋やテーブル席を設置した専門店など、さまざまなタイプのチェーン店が生まれ、そばの市場も拡大してきました。

 そこで今回は、「朝メニューがおいしいと思うそばチェーンは?」というアンケートを実施します。あなたが毎日でも通いたいチェーン店を教えてください。それでは、選択肢のうち3つを紹介します。

advertisement

富士そば

画像:富士そば公式サイト
画像:富士そば公式サイト

 ダイタングループが運営する立ち食いそばチェーン「富士そば」。正式名称は「名代 富士そば」といいます。1966年に不動産業を成功させていた創業者の丹道夫さんが東京都内4カ所で開業。1972年に運営会社であるダイタンフードを設立し、その後グループを発展させてきました。

 2022年5月時点で、約120店舗を展開。大半の店舗が都心部のアクセス性に優れた場所に立地しています。そんな富士そばの「朝メニュー」は「きつねそば(うどん)」「たぬきそば(うどん)」で、それぞれ税込み340円で提供しています。温泉卵をトッピングしてもらえるため、お得感がありますよね。

advertisement

ゆで太郎

画像:ゆで太郎公式サイト
画像:ゆで太郎公式サイト

 信越食品とゆで太郎システムが運営する「ゆで太郎」は、1994年に東京都中央区湊に1号店を開店して以降、東日本を中心に全国に展開。2022年5月時点では約160店舗が営業しています。ひきたて・打ち立て・ゆでたてが最大の特徴で、毎日各店舗でそばを打ち、注文を受けた後ゆでる作業を行っています。

 信越食品が運営している店舗の「朝メニュー」は、定食4種類。それぞれ税込み390円で提供されています。一番人気のCセットは、かけそばに白飯・卵・納豆が付いた、まさに朝にふさわしいメニュー。一方、ゆで太郎システムが運営している店舗の「朝メニュー」は、単品4種類のほか、定食が3種類あります。種類豊富なメニューの中から自分の好みのものを選べるのがうれしいですね。

advertisement

箱根そば

 小田急レストランシステムが運営する「箱根そば」は、およそ50年にわたって小田急沿線を中心に出店し、地元住民に愛され続けています。2022年5月時点では約45店舗を展開中です。

 箱根そばの「朝メニュー」は、全6種類。かけそばに自慢のかき揚げ天をトッピングした「ミニ天玉セット」や、かけそばと卵かけご飯をセットにした定食など、バラエティーに富んだメニューをリーズナブルな価格で提供しています。

advertisement

まとめ

 ここまで、3つのチェーン店を紹介しました。いずれも、忙しい朝にさっと食べられてお腹も満足なおいしいメニューばかりですね。

 なお、選択肢には、13の主なそばチェーン店を用意していますが、もし選択肢以外に投票したいという場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄に店名と投票理由をお書きください。

 また、各チェーン店の好きなところや、いつも食べているおすすめの朝メニューなどもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「チェーン店」のアクセスランキング