メディア

【超合金魂】「1980年代に放送されたロボット作品」の超合金魂人気ランキングTOP20! 第1位は「GX-13 超獣機神ダンクーガ」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年6月18日から6月24日まで、ねとらぼ調査隊では「おすすめしたい1980年代作品の超合金魂は?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は1980年代に放送されたアニメ・特撮作品のロボットから、超合金魂で発売された20商品となります。リニューアル版は元の商品と選択肢を統合し、限定品やF.A.(フルアクション)などは含めていません。投票項目以外に投票したい場合は「その他」に投票のうえ、コメントで商品名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは計491票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:GX-40 六神合体ゴッドマーズ

出典:Amazon.co.jp

 第2位は「GX-40 六神合体ゴッドマーズ」。得票率は16.1%でした。

 1981年から1982年にかけて放送されたロボットアニメ「六神合体ゴッドマーズ」の主人公機で、2008年に発売されました。付属品が非常に充実しており、ゴッドマーズを構成する6体のロボットに加え、手持ち武器のマーズフラッシュや、サポートメカのコスモクラッシャーなども付属しています。

 合体後は全高28センチ、重量約1.1キロという超合金魂最大級のボリューム。2014年に再販され、2019年にはより忠実に再現したリニューアル版「GX-40R 六神合体ゴッドマーズ」が発売されています。

advertisement

第1位:GX-13 超獣機神ダンクーガ

出典:Amazon.co.jp
出典:Amazon.co.jp

 第1位は「GX-13 超獣機神ダンクーガ」。得票率は17.9%でした。

 1985年に放送されたロボットアニメ「超獣機神ダンクーガ」の主人公機で、2003年に発売されました。最大の特徴は、4機の獣戦機による合体変形を見事に再現している点。

 それぞれの獣戦機は3つの形態に変形可能で、4機を組み合わせれば全長25センチにも及ぶ巨大なダンクーガが完成します。2008年に再販され、2017年にはリニューアル版「GX-13 超獣機神ダンクーガ」が発売されました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.