メニュー

新型コロナウイルスの影響で確定申告延長に「助かった」「その分怠けるだけ」などの声

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2020年2月27日、国税庁は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、所得税の確定申告の期間を4月16日まで約1カ月延長することを発表しました。さらに、個人事業者の消費税の受付についても3月31日から4月16日まで延長されることになりました。

 また、国税庁は、確定申告会場に出向かなくても自宅からインターネットで確定申告ができるe-Tax申告の利用を呼び掛けています。

 今回の確定申告延長の発表について、ネットでは「正直助かった」「どっちみち怠ける」などの声があがっています。

確定申告延長に対しては好意的な反応が多い

確定申告延長に対しては、ポジティブな反応が69.5%という結果になりました。ちょうど申告の期限が迫っている時期ということもあり、「助かった」と好意的な声が多く寄せられました。

確定申告延長の盛り上がりは?

  第一報があった12時前後にTwitterで大きく盛り上がりました。

「正直助かった」「ゆっくり手続きができるので嬉しい」など喜びの声

 確定申告の延長について、ネットでは「もう少しゆっくりやれるので嬉しい」「コロナ関連でのイベントの延期や中止は残念だけど、確定申告延長は正直助かった」など、今回の発表に喜ぶ声が多くみられました。

  また、「国税庁や税務署で働く人には負担がかかるのにありがとう」と確定申告業務にあたる職員を気遣う反応もありました。

「延長された分怠ける」「確定申告の事を気にしないといけない時期が増える」という声も

 確定申告延長の発表について、「喜んでいても4月16日にヒィヒィ言ってる」「延長されたらその分怠けるだけで直前にドタバタするのは変わらない」と期間が延びても慌てることには変わりないとする声も見られました。

  「結局、確定申告を気にする時期が増える」ため、早めに申告を終わらせることを宣言する投稿もチラホラ寄せられました。

「4月までの延長って意味あるの?」「混雑が分散するだけでは」と疑問の声も

 一方、今回の確定申告が4月まで延長されることについて「4月までだとコロナが収まっていない気がする」「混雑が分散するだけなら意味がないのでは」と今回の対応の妥当性に疑問を投げかける反応も多くありました。

  また、「新型コロナ拡大で確定申告延長らしいけどスマホで確定申告できるから外出しなくてもOK」 と、税務署や特設会場に出向く必要のないスマホでの申告について話題にする投稿もありました。

まとめ

 確定申告が延長される判断に対しては、申告時期真っただ中の発表ということもあり、おおむね好意的に受け入れられました。「延長されて嬉しいけど、怠けてしまいそう」という本音も数多く投稿されました。

 ただし、「混雑が分散されるだけで意味がないのでは」などと新型コロナウイルス拡大防止の観点からは疑問を投げかける声もありました。

調査概要

調査期間2020年2月26日~2月27日
調査対象Twitter
調査件数1414件(10%サンプリング)
調査キーワード確定申告延長
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正
Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.