ニュース
» 2011年06月01日 10時47分 UPDATE

Appleの「iCloud」はどんなサービスか WSJが詳細伝える

Appleの「iCloud」は「クラウド音楽サービス」とうわさされてきたが、写真や音楽、動画などのデジタルファイルをオンラインに保存できるサービスになると報じられている。

[ITmedia]

 米Appleが6月6日に発表するクラウドサービス「iCloud」は、音楽や写真、動画をネットに保存できるサービスになると報じられている。

 AppleはiCloudがどんなサービスになるかを明らかにしていない。これまでの報道では、ユーザーがAppleのサーバに音楽を保存して、ネット経由で再生できるサービスになるとされている。Appleはサービスの提供に向けて、大手レーベルとライセンス契約を交わしたとも報じられている

 Wall Street Journalによると、iCloudは音楽だけでなく、「写真、音楽、動画などのデジタルファイルをリモートコンピュータデータベースに保存し、ネット端末からアクセスできる」サービスになる。ユーザーが自分で曲をアップロードするAmazonやGoogleのクラウド音楽サービスとは違い、iCloudはライブラリを解析し、認識した曲を再生できるようにするため、ユーザーがアップロードする必要はないという。

 また、Appleは、ユーザーが映画をオンラインに保存できるようにするため、大手映画会社ともライセンス交渉を進めているとも報じられている。契約が6日のiCloud発表に間に合うかどうかは分からないと情報筋は伝えている。

 iCloudが発表される6日の開発者イベントでは、Mac OS「Lion」、iOS 5も披露される。療養休暇中のスティーブ・ジョブズCEOも登場する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう