ニュース
» 2011年06月08日 18時50分 UPDATE

「中毒になるくらい毎日遊んでます」――モデル・SHELLYさんが教えてくれたFacebookの楽しみ方

Facebookの新サービス発表会に登場したモデルのSHELLYさんが魅力を語った。写真の共有やいいね!ボタンなどを使って、なかなか会えない友達とも、よく会っている友達とも楽しんでいるという。

[山本恵太,ITmedia]

 Facebookの新サービス「チェックインクーポン」の発表会にモデルのSHELLYとユージさんが登場。「中毒になるくらい毎日Facebookで遊んでます」というSHELLYさんが、Facebookの楽しみ方を語った。

ky_she_0608_1.jpg モデルのSHELLYさんとユージさん

 「こういった仕事をしてると、いろんな情報をいち早くキャッチしなくちゃいけないじゃないですか」とFacebookを使いこなしているSHELLYさんは語る。一方ユージさんは「もちろんFacebookやってますよね?」と聞かれて、「もちろん知ってますよFacebook……。ごめんなさい、やってないです」。友達で使っている人は多く興味は持っているのだが、始めるきっかけがなかったという。

 海外に友達が多いSHELLYさんは「なかなか会えない友達と近況報告をするのに便利」と話す。Facebookのユーザー数は全世界で5億人を超えており、その数は増え続けている。一方で、「しょっちゅう会ってる友達ともすごい使う」という。特に写真の共有に使うことが多いそうだ。そこでユージさんは「え、写真を共有できるんですか?」と質問。SHELLYさんに「そこからー?」と笑われてしまった。

 「例えば10人くらいで遊んで、そのときの写真を自分のページにアップし(て写真に友達の名前をタグ付けし)たら、タグ付けした友達にそれが通知されるから一人一人に送る必要がないの」とSHELLYさん(注:写真のアップは、公開範囲に応じてタグ付けしていない友達にも通知される)。写真に写った人の顔に名前をタグ付けできるため、知り合ったばかりの人の名前が思い出せないときも、タグ付けされた写真ですぐ確認することができる。実名制を掲げるFacebookならではの機能と言える。

ky_she_0608_2.jpgky_face_0607_1.jpgky_she_0608_4.jpg

 イベント中盤からはFacebookの森岡康一日本副代表が登場。「Facebookは実名制なので、例えば昔の友達がFacebookに登録するとすぐつながることができます。昔の思い出話をしたり、近況を共有することもできます」と話すと、ユージさんは「もしかして高校3年間片思いだったあの子も見つかるかもしれないんですか? アメリカでハリウッド俳優やってる俺のおやじとも連絡とれるんですか? 何で今までFacebookやってなかったんだろう!」と始めるきっかけを見つけた様子。

 SHELLYさんも、「小学校ときの友達と今更メールしても、何書こうみたいなところあるじゃないですか。それがFacebookだと、その人の近況を読んでいるだけで、あの子は今こういうことしてるんだとか、こういうところに住んでるんだってのがわかるので、便利なんです」と語る。

「いいね!」と「スポット」

ky_she_0608_5.jpg 「なかなか近いですねー。撮れてますかー?」とSHELLYさん

 Facebookの特徴的な機能の一つに「いいね!」ボタンがある。SHELLYさんは、「いいね!って押すだけで押されたほうも、あっいいね!って言ってもらえた!とコミュニケーションを取ることができるんです。例えば、レディー・ガガの曲いいよねーって思ったらビデオのリンクを自分のページに貼ります。それを見た友達が、またいいね!って押してくれる。情報がすごい簡単に交換できる」と説明。ユージさんは「俺マメじゃないから、みんなにいちいち送るのが面倒くさくなっちゃって。(Facebookだと友達に一斉に送ることできるから)俺チョー向いてるわ。ミスターFacebookになれるかもしれない」とFacebookの魅力に気付いたようだ。

ky_she_0608_6.jpg 2人は森岡氏の実演を真剣な顔で見つめていた

 イベントでは森岡氏が位置情報を友人と共有するスポット機能を実演した。まわりにFacebookのスタッフがいたため、画面は森岡氏の友達だらけ。「こんな近くにいるんなら、会おうよ」という使い方ができるという。ユージさんが「逆に、俺は一人でいたいんだっていうときはどうすればいいんですか?」と質問すると、森岡氏は「スポットを押して、一人でいたいと書いてくれればいいです」とアドバイスして会場が笑いに包まれた。

 最後に、Facebookを始める気になったか聞かれたユージさんは、「ここでいろいろ聞いてから、始めたくなったらやろうと思ってたんですけど、今日はPCを持ってきているので、即行でやります!」と答えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー