新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年01月20日 17時32分 UPDATE

日々是遊戯:マリオもコインも全部<CENSORED>! 「スーパーSOPAブラザーズ」でSOPA法案問題を勉強しよう

SOPA法案問題の危険性を分かりやすくゲームにした「スーパーSOPAブラザーズ」が登場! で、SOPAって何が危険なの?

[池谷勇人,ITmedia]

何もかもが<CENSORED>

 英語版Wikipediaの24時間停止をきっかけに、日本でも大きく報じられるところとなった、米国のSOPA法案問題。この法案に反発するべく作られたのが、今回紹介するブラウザゲーム「スーパーSOPAブラザーズ」です。

 SOPAとは「Stop Online Piracy Act」の頭文字を取ったもので、ざっくりと言えば、インターネット上における著作権侵害を取り締まるための法案。しかし適用範囲が非常に幅広いことから、解釈や運用によっては、Wikipediaをはじめとする既存Webサービスの多くが大打撃を受ける危険性も指摘されており、ゲーム業界も含め多くの企業がこれに反対を表明していました。

 「スーパーSOPAブラザーズ」は、そんなSOPA法案の危険性を分かりやすく(というか、かなり大げさに)啓蒙するために作られました。まずタイトル画面からいきなりデカデカと「SOPA」「CENSORED(検閲済み)」の文字。マリオと思われるキャラクターも真っ黒に塗りつぶされてしまっており、もはやなんだかよく分からない状態に。

画像 なんかいろいろなところが黒塗りになっています

 ゲーム内容はおなじみ「スーパーマリオブラザーズ」にそっくりですが、敵キャラクターやブロック、ドカンなどすべて黒塗りの<CENSORED>状態。コインの枚数表示部分も<CENSORED>になっていますが、もしかしたらコインではない何かとんでもないモノを取っているのかも……(考えすぎ)。また地下へ通じるドカンに入ってみたところ、こんなメッセージが表示されました。

“おめでとう! あなたは隠し部屋を発見しました。

だけど残念ながらここにあったコインはSOPAにより検閲されました。

SOPAへの協力に感謝します。引き続き良きインターネットを!”(意訳)

 そんな、隠し部屋のコインさえ検閲対象だなんて……。SOPA、恐ろしい法案……! もちろん、これはかなり誇張された表現ですが、法案がもし通れば、こうした不当な情報検閲もあり得なくはないよ、というわけです(あくまで「誇張」なのでご注意を)。

画像 ステージ構成は「スーパーマリオ」とまったく同じ

画像 このドカン、たしか入れたよね、と思ってしゃがんでみたら……

画像 ドカンの中の隠し部屋も<CENSORED>状態

 米国では現在、SOPAに反対するゲームクリエイターらによる「SOPAjam」というイベントが開催中。名前からも分かるとおり、48時間でゲームを開発する「Grobal Game Jam」のパロディで、実はこの「スーパーSOPAブラザーズ」もその中で作られたもの。他にも、ブロックが真っ黒で積んでみるまで見えない「ソパトリス」など様々なゲームが公開中。興味がある方はぜひ遊んでみてはいか<この文章は検閲されました。これ以上読むことができません>……。

画像 ブロックが真っ黒な「ソパトリス」。棒と四角以外分かんねえ!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事