新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年03月09日 16時36分 UPDATE

ねとらぼ知ったかぶりβ版(3/3〜3/9):タカと一緒にお茶しませんか? 三鷹の「鷹匠茶屋」が気になる

ねとらぼの人気記事をランキングでお届けする「ねとらぼ知ったかぶり」。今週は芸大生が作った「軍艦巻き」や芸術的な紙製つけまつげが話題になりましたが、三鷹の“鷹カフェ”も気になります。

[笹山美波,ITmedia]

 ねとらぼの人気記事をランキングでお届けする「ねとらぼ知ったかぶり」。今週は芸大生が作った「軍艦巻き」や、切り絵のような紙製つけまつげ「Paperself」が話題になりました。スマイルプリキュアのキュアピースとサザエさんによる熱いじゃんけん対決を見守るハッシュタグ「#キュアピースVSサザエ」にも注目が集まっており、今後の勝負の行方が気になります。

画像 鷹匠茶屋

 先日ねとらぼでは、ヤギに会える都内のカフェ「桜丘カフェ」(東京都渋谷区)を紹介しました。一見おしゃれなカフェなのに、テラス脇にはヤギ小屋があり、ヤギが2頭暮らしています。ヤギを見ながら食事をしたり、スタッフにお願いすれば直接エサをあげることもできるなど、ヤギ好きにはたまらない(?)都会のオアシスです。

 ほかにも猫カフェや犬カフェ、うさぎカフェなど、動物に会えるカフェがちまたでは話題ですが、ヤギくらい、いや、ヤギ以上に珍しい動物がいるお店はないかなぁと思い探してみたところ……ありました。タカに会えるカフェ、その名も「鷹匠茶屋」。

 鷹匠茶屋があるのは東京都三鷹市。店内にタカやフクロウ、ハヤブサなどの猛禽(もうきん)類が飼育されているガラス張りの部屋があり、鳥を眺めながら食事やコーヒーを楽しめます。訪問時に鳥たちがおとなしくしていたら、直接触ることもできます。鳥は購入も可能(値段は応相談)で、飼育時に必要なリードやエサ、グローブを買ったり、希望すれば調教や訓練のアドバイスも受けることができます。

 メニューの名前もユニークで「ハリスカレー(スープカレー)」や「イーグルジンジャー(豚のしょうが焼き)」など、鳥の名前がついています。店員の話によると、お客さんの多くは猛禽類を飼っている人で、カフェの近くにある「井の頭公園」で鳥を飛ばした散歩ついでによく訪れるそう。そのためお客さん同士で交流する様子もよく見受けられるとのことですが、いったいお店ではどんな話が繰り広げられているのでしょうか。「今日の飛びっぷりは良かった」「翼がたくましいね」「君のフクロウはまだ寝ているのかい?」といったところでしょうか……? ううむ、気になります。

 営業時間は午前11時〜午後7時で、定休日は月・火曜。場所は東京都三鷹市下連雀1-11-8。


画像 販売している猛禽類
画像 カフェのメニュー。結構おいしそう


関連キーワード

ねとらぼ | 動物 | ランキング | 面白い | お茶


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー