ニュース
» 2012年05月18日 19時29分 UPDATE

「発表を真摯に受け止め、速やかにガイドライン作成」――グリー、DeNAら6社、消費者庁の発表を受けて

コンプガチャ違法の発表を受け、グリー、DeNAらはどう動く?

[ITmedia]

 本日5月18日、消費者庁がソーシャルゲームのコンプリート(コンプ)ガチャについて、景品表示法で禁じる「カード合わせ」に該当するとの見解を示したことを受け、NHN Japan、グリー、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、ドワンゴ、ミクシィら「ソーシャルゲームプラットフォーム連絡協議会」は、今後の対応や取り組みについてあらためてコメントを発表した。

 既報のとおり、上記6社はすでに提供中のサービス内におけるコンプガチャについて、5月31日までに取り扱いを終了することを決定済み。加えて新たに、現在作成中の「コンプガチャに関するガイドライン」に、今回の消費者庁からの発表をはじめとした関係各所の意見を反映させる予定とのこと。今後はこのガイドラインを可能なかぎり速やかに完成させ、それにのっとって運営を行っていくとしている。

 併せて、コンプガチャ以外のガイドラインについても継続して協議、検討を行う。また今後は「事業者としての考え、対応について、パブリックコメント(意見公募)などを通じて意見提出することも検討」しつつ、「業界全体で、お客様が安心安全に楽しめる環境の維持と向上を目指してまいります」とのこと。

画像画像 DeNAのサイトに掲載されたプレスリリース(左)、消費者庁ホームページ(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー