ニュース
» 2012年07月23日 09時45分 UPDATE

くんかくんか:印刷されたばかりの書物のにおいが香水になった

本をこよなく愛する人ならば、いつも本のにおいに囲まれていたい。

[ITmedia]

 印刷されたばかりの本を開いた時、ふと鼻の奥に感じるあのインクのにおい。本の虫にはたまらないご馳走です。この度、その新しい書物のにおいを香水にした「Paper Passion」が発売されました。

画像 見た目は普通の香水です

 フェンディとシャネルのデザイナーを務めるカール・ラガーフェルド氏をはじめ、開発に携わった調香師や関係者も超一流。出版社のSteidlから98ドルで販売されています。カール氏は「印刷されたばかりの書物の香りは、世界でもっとも素晴らしい匂いの1つ」と絶賛しています。香水は、書物をくりぬいて納められています。

画像 箱がオシャレ。書物をくりぬいています

画像 箱の外装はこんな感じ

 以前、Appleファンにはたまらない「新品のMacbook Proの箱を開けたときの香り」を再現したとのニュースを紹介しましたが、このジャンルまだまだいけそう。クルマ好きのために新車の内装のにおいなんていかがですか?

関連キーワード

印刷 | デザイナー | インク | 香り | 出版社


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー