ニュース
» 2013年02月21日 14時18分 UPDATE

大河ドラマ「八重の桜」舞台の鶴ヶ城でプロジェクションマッピング

東北初のプロジェクションマッピングとして、鶴ヶ城に映像を投映する。

[ITmedia]

 大河ドラマ「八重の桜」の舞台である鶴ヶ城(福島県会津若松市)で3月9〜10日、東北初のプロジェクションマッピング「はるか」が開催される。

画像 プロジェクションマッピング「はるか」のイメージ

 プロジェクションマッピングは、建物などの立体物にビデオやCGなどの映像を投映するというもの。最近では東京駅さっぽろ雪まつりで行われて人気を集めた。「はるか」では鶴ヶ城に約5分間の映像を投映する。上映は午後6時、6時40分、7時20分の1日3回。場合によっては入場制限もある。

 イベント名の「はるか」は、大河ドラマ放送開始を記念してできた新種の八重桜の名前で、主演の綾瀬はるかさんが命名した。「今はまだ苗木ですが、10年後にはキレイな桜の花を付けます。震災から2年になる今、未来へ向けたメッセージを、このプロジェクションマッピングで発信します」としている。

関連キーワード

| 大河ドラマ | 福島県 | 綾瀬はるか


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー