ニュース
» 2013年03月04日 15時58分 UPDATE

ニコニコのGPS将棋対局イベントで3人が100万円獲得 運営「青ざめてます」

ニコニコの将棋担当者は「正直言うと1人も勝てないと思っていた」らしい。

[ITmedia]

 将棋ソフト「GPS将棋」との対局イベントが2月24日から毎週土日にニコニコ本社(原宿)で開かれている。勝てば100万円という太っ腹なこの企画。相手は「世界最強」といわれる将棋ソフトだけに、人間側の勝利は難しいかと思われていたが、ついに100万円をゲットする猛者が現れた。それも3人も!

画像 うらやましい

 イベントはプロ棋士、女流棋士、奨励会員以外であれば、誰でも参加できる。相手はGPS将棋(PC1台で駆動)。持ち時間は15分。挑戦者は1局づつ先着順に対局していくルールで、当日は元奨励会員やアマ竜王、アマ名人、大学の将棋部など、全国からアマチュアの強豪が集まったという。

 1日目は9人が挑戦。優勢と思われる局面もあったものの、GPS将棋の全勝で終わった。だが……2日目(3月2日)に2人、3日目(3月3日)に1人が見事白星を挙げ、賞金を獲得。ライブ配信されたニコニコ生放送の画面は祝福のコメントで埋まった。3人はいずれも全国大会の優勝経験者だそうだ。

画像 ああ、うらやましい

 イベントを企画したドワンゴの将棋担当者は「正直言うと、GPS将棋の驚異的な強さならば1人も勝てないと思っていた」という。1人、また1人と100万円をかっさらっていく様子を見て「青ざめ、震えが止まらず、あぁなんでこのイベントを合計5日間にしてしまったんだろう……と深く後悔しました」と打ち明ける。

 イベントはあと2回(3月9日、10日)開催される。「立場的には、もうイベントをやめて逃げ出したいのが本音ではあるものの、ここまでアマチュア強豪の方々が全国から集まってくださるとは夢にも思っておらず、感激しているのも本音で……複雑な思いです」と担当者。「もしGPS将棋に勝てそうになったら、相手玉を詰むその瞬間、大粒の涙を流す運営の顔を思い浮かべて頂けますと幸いです」。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  4. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  5. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  6. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  7. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる
  8. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  9. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる
  10. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー