ニュース
» 2013年04月30日 21時50分 UPDATE

アニメ「惡の華」実写映像急きょ配信決定 ニコ生4話配信後に

ロトスコープ制作の元になった実写版映像を急きょ上映することに。

[ITmedia]

 4月30日のニコ生「『惡の華』第4話アニメ上映会」の後、ロトスコープの元になった実写映像が急きょ配信されることが決まった


 ロトスコープとは、はじめに実写で役者の芝居を撮影し、それを1枚1枚トレースしてアニメに起こしていく制作手法のこと。登場人物のリアルな動きを再現したい時などに使われるが、「惡の華」ではほぼ全編をロトスコープにより制作しており、独特の表現が当初から話題になっていた(関連記事)。

 今回放送されるのは、アニメ版第3話のベースになった実写映像。配信ページの説明によると、「先日行われたイベント惡の華〜ハナガサイタヨ会〜での実写パートの上映の反響にお答え」する形で、急きょ配信することが決まったとのこと。ニコ生ならではのユニークな試みとして注目を集めそうだ。


画像 公式サイトのキャラクター紹介より

関連キーワード

実写 | アニメ | ニコニコ生放送


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー