新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年07月03日 13時01分 UPDATE

冥王星の衛星の名前、「ケルベロス」「ステュクス」に

ギリシャ神話にちなんだ中二感ある名前に。

[ねとらぼ]

 2011年と2012年に発見された冥王星の衛星の名前が「Kerberos(ケルベロス)」「Styx(ステュクス)」に決定しました。

 衛星はこれまで「P4」「P5」と呼ばれており、アメリカの非営利組織SETI研究所がそれに変わる呼称をネットで募集・投票受け付けしていました。投票結果を参考に、国際天文学連合がP4をKerberos、P5をStyxと決定。どちらもギリシャ神話に関連する言葉で、Kerberosは地獄の番犬、Styxは冥界の川の女神です。

ah_pluto2.jpg

 冥王星(Pluto)がローマ神話に登場する冥界の王プルートーから命名されていることから、これまで発見された冥王星の衛星名も「Charon(カロン:冥界の川の渡し守)」「Nix(ニュクス:夜の女神)」などローマ神話やギリシア神話に由来する名前が付いています。

ah_pluto1.jpg 冥王星の衛星

 投票ではKerberosは2位で、Styxは3位。1位は「スター・トレック」に登場する惑星の名前で、ローマ神話の火山の神でもある「Vulcan」でしたが、すでに天文関連で使われている名前であること、プルートーとの関連が薄いことから採用はされませんでした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事