新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年08月21日 16時06分 UPDATE

昨日の敵は今日の友――「電王戦タッグマッチ」開催 電王戦の棋士&将棋ソフトが再び集結 

初戦と決勝の解説は森内俊之名人が担当。かっこ良すぎるプロモーションビデオは必見です。

[ねとらぼ]

 ドワンゴと日本将棋連盟は、プロ棋士と将棋ソフトの史上初となるタッグトーナメント「電王戦タッグマッチ」を8月31日に開催する。第2回将棋電王戦に出場したプロ棋士が、各々対戦したコンピュータソフトとタッグを組み対局を行う。イベントの様子はニコニコ生放送で中継する。

 出場チームは「阿部光瑠四段&習甦」「佐藤慎一四段&ponanza」「船江恒平五段&ツツカナ」「塚田泰明九段&Puella α」「三浦弘行八段&GPS」の5組。プロ棋士はタッグを組むコンピュータの最善手を参考に対局を行う。数手進めた局面におけるコンピュータの指し手を確認することもできる。

画像 阿部光瑠四段&習甦 イメージキャラ:碇シンジ
画像 佐藤慎一四段&ponanza イメージキャラ:シャア・アズナブル
画像 船江恒平五段&ツツカナ イメージキャラ:みみずくの竜
画像 塚田泰明九段&Puella α イメージキャラ:(情報求む……!)
画像 三浦弘行八段& GPS イメージキャラ:真田志郎
画像 アムロが強いのか?ガンダムが強いのか?
画像 PVでなぜかロボットを操縦する塚田九段

 対戦方式はトーナメントで、組み合わせは当日に決定する。持ち時間は1時間、消費後は切れ負け、決勝戦のみ消費後は30秒将棋となる。初戦と決勝の解説は森内俊之名人が担当する。プロ棋士とコンピュータが手を組んだとき、盤面にはどのような対決が描かれるのか。人類とコンピュータの“共存共栄の未来”を示唆するイベントとなりそうだ。

 会場となる六本木・ニコファーレでの観覧者を募集している。受け付けは29日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事