ニュース
» 2013年09月10日 21時03分 UPDATE

「天使になった」子猫――わさびちゃんが本になった 収益の一部は動物のために寄付

「懸命に生き私達に残してくれたものを形にしたい」と飼い主さん。

[ねとらぼ]

 「カラスに襲われた子猫は天使になった」――愛くるしい笑顔がTwitterで大人気だった子猫「わさびちゃん」の本が9月30日に発売されます。8月27日に亡くなったわさびちゃんが「懸命に生き私達に残してくれたものを形にしたい」と、飼い主さんは出版を決めたそうです。

 この書籍はもともとわさびちゃんが元気な時からスタートした企画で、当初は「わさびちゃん日記」として出版する予定だったそうです。飼い主の@jessieponさんは本の収益の一部を助けを必要とする動物たちに寄付すると明かしています

Twitterで愛されたわさびちゃん

 わさびちゃんが初めてTwitterに登場したのは6月6日。カラスに襲われていたところを@jessieponさんに保護され、ケガの治療に励んでいました。Twitterには徐々に元気になっていく様子が投稿され話題に。飼い犬のぽんちゃんとの2ショットも大変人気でした。

 しかし、口の中のケガでなかなかご飯が食べられないといったハンデがあり、発作の症状などにも悩まされていたわさびちゃん。訃報を伝えるツイートには「悲しい」「涙が止まらない」といった声が多く寄せられました。現在も飼い主さんはTwitterで在りし日のわさびちゃんやぽんちゃんの近況を報告しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう