ニュース
» 2013年10月04日 15時03分 UPDATE

数学の美、五感で感じて――東京理科大学に入場無料の「数学体験館」オープン

あの手この手で数学の美しい理論を具象表現。

[ねとらぼ]

 東京理科大学が、入場無料の新施設「数学体験館」をオープンしました。神楽坂キャンパスに隣接する近代科学資料館地下1階にある同館は、小学校から大学までに学ぶ数学の概念や定理・公式を展示物を体験しながら学べる施設です。

photo 東京理科大学 理数教育研究センターのWebページに掲載された数学体験館の紹介

 館長は東京理科大学 理数教育研究センター長であり、長髪にバンダナというスタイルでおなじみの数学者・秋山仁さん。秋山さんは数学体験館の設置について、“名曲の楽譜を見せられても普通の人には良さが伝わらない”といった例えとともに、「数学の美しい理論も数式だけでは無味乾燥に感じる人が沢山います」と指摘。こうした難点を克服すべく、「あの手この手を用いてこの美を具象表現」した展示を用意したと話しています。

 館内は、実験などを通じて数学が体験できる展示広場「数学体験プラーザ」、工作機械で“数学作品”が作れる「数学工房」、DVDなどが視聴できる「数学授業アーカイブス兼サロン」の3エリアに分かれています。開館時間や休館日などの詳細は、数学体験館の紹介ページに掲載されています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう